【外コンBARふぁくろじ】コンサル選考対策ワード「マスカスタマイゼーション」を具体事例で分析

外コンBARふぁくろじ

 

就活中の東大生・ムツオがサマージョブ後に連れていかれたのは、外資コンサル出身のバーテンダー・リサが店主を務める“外コンBARふぁくろじ”。どこかで会ったことありませんか、そう尋ねるムツオに、彼女は今夜もささやく。「知ってた? 私は『マスカスタマイゼーション』が分からない男なんて、願い下げよ。」

 

第22夜:世界50カ国であらゆる特注品を現実にするグローバルBtoBトップメーカー「SMC株式会社」が凄い

 

想像してみて。「BAR」が存在しない世界を。

なんですかいきなり! えーっと、BARがない世界、BARがない世界……

私は、腕利きのコンサルタントであるあなたに相談した。「世界中どこにもない、新しい飲食店を開こうと思うの!」

どんなお店ですか?

「上質な空間の中、お酒を片手に友人や店主と会話を楽しむ場所を作る。ただし営業時間は夜のみ。飲食物の単価は通常の1.5~2倍以上」……成功するかしら?

会話するだけで値段が2倍で、夜しかやってないなんて無理に決まってるじゃないですか。

じゃあ、今あなたがカクテルを飲んでるこの店は、何で潰れてないのかしら?

あれ? 世界中にBARがあると知ってるから、ターゲットや立地を練れば成功するって予測できるけど、ゼロベースで考えると無理に思えてくる……

新しいビジネスモデルっていうのは、聞いた瞬間は絶対に無理だと感じるものよ。今日は一見しただけじゃ「あり得ない」企業を分析してみようかしら。

どんな企業ですか?

世界50カ国で、あらゆる特注品を実現するメーカー。

うーん、すごい技術力を持った職人がいる会社ですかね……

特注品なのに短納期。大量生産じゃないのに30%の高い営業利益率。世界シェア3割を超えるグローバルメーカーなの。

そんな、あり得ない!

 

SMCが優良企業である3つの理由

  1. 世界シェア3割を超えるグローバルBtoBトップメーカー
  2. 強固な財務体質と、30%近い営業利益率の両立
  3. 世界中のあらゆる特注品を短納期で実現する


この続きを閲覧するには、
会員登録が必要です

会員登録 / ログイン



ティファナ・コーヒー
【今夜のカクテル】ティファナ・コーヒー
寒い夜には、体があったまるカクテルを。温めたカップにカルーアを入れてから、エスプレッソをお湯で割ったアメリカーノを注ぐ。たっぷり生クリームを乗せて、シナモンスティックで軽くステア。最後にココアパウダーを振るのもいいわね。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!