【外コンBARふぁくろじ】コンサル選考対策ワード「リスク分散」を具体事例で分析

外コンBARふぁくろじ

 

就活中の東大生・ムツオがサマージョブ後に連れていかれたのは、外資コンサル出身のバーテンダー・リサが店主を務める“外コンBARふぁくろじ”。どこかで会ったことありませんか、そう尋ねるムツオに、彼女は今夜もささやく。「知ってた? 私は『リスク分散』が分からない男なんて、願い下げよ。」

 

第10夜:世界4強の一角として、複雑極端な景気変動の中5年で6倍の成長を続ける「株式会社タダノ」が凄い

 

コンサルに内定してる先輩に、戦略立案GDを見てもらったんですけど、すごいダメ出しされたんです。論理は完璧だと思ったのに……

コンサル選考のNGワードが含まれてたんじゃない?

ロジックが通っているのにNGなんて!

NGワードは「広告」と「プロモーション」。これを提案したら、絶対とは言わないけど良い顔されないわよ。

な、何でですか?

コンサルティングファームの介在価値がなくなるから。もしそれが最善策なら、マッキンゼーやBCGじゃなくて、電通や博報堂に発注する方が合理的じゃない。

プロのコンサルタント視点で考えれば、確かにそうですね……

でも、もちろん広告・プロモーション事例を分析することも悪くないわよ。たとえば、香川県のPRプロジェクトは知ってる?

「うどん県」ですよね!

あれは地域ボトムアップ型のPR戦略ね。「うどん県」でステークホルダーをPR用のwebサイトに飛ばしてから、消費者なら観光へ、企業であれば香川の優良企業に誘導する。

え、香川って企業あるんですか……!

いま全国の香川県出身者を敵に回したわよ。

わーっ!そうです、リサさん、今日は香川県の企業の分析しましょう!ぜひ!

そうね。じゃあ、タダノにしてみようかしら。世界4強の一角として、複雑極端な景気変動の中5年で6倍の成長を続ける強者よ。

何だか強そう。

それもそのはず、タダノは世界最高水準のクレーン製造メーカー。小さい頃”はたらくくるま”にときめいた男子なら絶対見たことあるはず!

 

タダノが優良企業である3つの理由


この続きを閲覧するには、
会員登録が必要です

会員登録 / ログイン



ゴールデン・キャデラック
【今夜のカクテル】ゴールデン・キャデラック
車の名前を冠した乳白色のカクテル。クレーム・ド・カカオとガリアーノ、生クリームを1:1:1でシェイクする。ガリアーノは、しばらく前までバニラの香りが強くてまろやかな甘さのカクテルだったんだけど、最近は製法が変わってちょっと薬草の香りが強くなったのよね。お菓子と一緒に飲むのもおすすめ。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!