【18卒対象】アクセンチュアのWeBテスト対策

このページでは、アクセンチュアのWeBテストについて解説しています。
ESに通ったと思って気を抜いてると足元をすくわれれてしまうのがWebテストなので念入りに対策して臨みましょう!

 

Webテストの形式

玉手箱(言語・計数)

 

Webテストの概要

ESを通過すると、次はWEBテストの受験を求められます。形式は、日系企業が多く採用している「玉手箱」言語・計数です。言語とは、文章を読み筆者のその内容と矛盾合致する文を選ぶ論理性問題、計数とは図表等から空欄に入る数値を推定・概算するものです。

また通過難易度はコンサル会社の中では並程度ですが、玉手箱の中では難しめの問題が出されます。しかし、ここでかなり人数を絞るといった感じのものではありません。問題が難しいことからも6割程度で合格できるでしょう。

 

対策方法

先述の通り、玉手箱は日系の企業でとてもよく出題されています。しかし、アクセンチュアは日系企業よりも選考時期が早いため、玉手箱の対策を一度もしたことがないという人もいるかもしれません。その場合は、一度問題形式を見ておいたほうが良いでしょう。

玉手箱など、Webテストへの対策方法や例題を載せている『【保存版】有名コンサル19企業のWEBテスト・筆記試験対策まとめ』という記事も参考にしてください。

具体的な問題演習をする際におすすめなのは、玉手箱用の問題集です。Amazonであれば中古で格安で入手することも可能です。(ただし、購入の際に書き込みの有無はチェックしておいた方が良いでしょう。)

また、どうしてもお金がない!(またはお金を使いたくない!)という人には、みんなのWEBテストというページをおすすめします。なんとこのページ、無料で玉手箱の例題を解くことができます。

 

Webテストの例題

例題1 言語

以下の本文を読んで、設問文1つ1つについてA・B・Cのいずれに当てはまるかを答えなさい。

[A] 本文から論理的に考えて、設問文は明らかに正しい。
[B] 本文から論理的に考えて、設問文は明らかに間違っている。
[C] 本文だけでは、設問文が正しいか間違っているかは判断できない。

本文

 『もし読書の精神といふことがいへるなら,読書の精神は対話の精神であるといひたい。精神といふのは,その純粋な形,本質的な在り方といふ意味である。この精神は抽象的なものでなく,精神が同時に方法でもある。読書は対話の方法に依らなければならぬ。ところで対話の精神はまた哲学の精神であるといふことができる。ソクラテスが,そしてプラトンが,対話を哲学の形式としたことは,哲学的精神の根源的な発現であった。それ以来,すべての創造的な哲学はソクラテス的及びプラトン的対話へのそれぞれの復帰であった。 対話は哲学的生命の運動の根本的な形である。そこでまた読書の純粋な姿は哲学的であるといふことができるであらう。しかるにこの哲学の精神は科学の精神と別のものではない。歴史的に見てもさうであるやうに,本質上からいっても,哲学的精神は科学的精神の根源的な形であり,或ひはその図式である。ソクラテス的対話とは何であるか。決して終ることのない探究である。そして科学とはこれ以外の何物であるか。従ってまた読書の精神は科学的であるといはねばならぬであらう。
いつたい読書は何に始まるのであらうか。言ふまでもなく,何等かの書物に出会ふことに始まるのである。恰も対話が或る人間に出会ふことに始まるやうに。読書は一つの邂逅である。事実誰でも,自分の読者経歴を振り返つてみると,読書がそれぞれの邂逅であったといふことに思ひあたるに相違ない。少くとも自分に大きな影響を与へた読書はつねに邂逅である。それは自然現象の如きものでなく一つの歴史的事件である。そのために読書が科学的でないといふことはあり得ない。自然現象を研究する科学者の活動にしても,それ自身一つの歴史的事件であるのであるから。邂逅は歴史の根源的な形式である。ところで邂逅といふ言葉は何か偶然的なものを意味してゐる。事実,読書には偶然的なところがあり,この偶然性が読書の楽しさを増しさへするのである。』

(国家Ⅱ種試験 平成20年度 問題)

(1)デカルトの創造的哲学はソクラテス的対話であり,プラトン的対話ではない。
(2)自分に大きな影響を与へた読書は一つの歴史的事件である。
(3)読書は科学的ではない。
(4)読書の楽しさは偶然性により増す。

(出典: http://sk.kaisyanavi.jp/app/webtest/tamate/type-b/b-01-06/)
答え C

 

例題2 計数

ある飲食店で、各店舗の先月の売上実績を集計しています。

S店 T店 U店 V店 W店 X店
正社員数 (人) 10 25 38 27 21 30
前年度売上達成度 (%) 105 73 93 75 101 89
先月売上達成度 (%) 63 70 123 50 140 87
先月売上実績 (万円) 1,260 1,400 ? 1,000 2,800 1,740

U店の先月売上実績はいくらと推測できるか。

[A] 2,360万円
[B] 2,460万円
[C] 2,640万円
[D] 2,720万円
[E] 2,990万円

(出典:http://sk.kaisyanavi.jp/app/webtest/tamate/type-a/a-03-04/)

答え B

(解説後日掲載予定)

 

筆記試験対策に必要な期間

玉手箱は「言語」と「計数」の2タイプの問題を出題してきます。前述の通り、6割程度で通過できるので、対策に時間をかけすぎる必要はありません。何度か問題集を解いてみて、自分の苦手な分野を集中的に対策するというやり方であれば、2週間ほどで対策できるでしょう。

 

他のファームの筆記試験・Webテストについて

玉手箱以外にも、色々な種類の筆記試験やWebテストがコンサルでは出題されます。

ファームごとにどんなWebテスト・筆記試験が課されるかについては、【保存版】有名コンサル19社のWEBテスト・筆記試験対策まとめという記事でまとめてありますので是非参考にしてみてください。

 

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!