Q. コンサルって東大生が有利ですか?

Q. コンサルって東大生が有利ですか?

A. 東大生が多いのは確かですが、書類選考を通れる以外の優位性はないです。

大手コンサル会社の社員を見てみると、半数以上が東大生というケースも珍しくありません。間違いなく一番多いのは東大生でしょう。しかし、東大生だから選考に受かっている訳ではないです。東大生であること自体が因果関係となって有利になることはありません。学歴が影響するのは書類選考を通れるか否かにおいてのみであり、それ以降は徹底的に実力を見られます。採用担当も、東大だから採用するのではなく、優秀だから採用するのです。従業員の大半が東大生であるのは単なる相関関係と捉えるべきです。つまり、元々非常に意識が高く優秀な人達の多くは受験期に力を発揮し東京大学に入学しているから、優秀な人達に占める東大生の割合が自然と多くなり、結果として一流企業に東大生が多くなるというのが実際でしょう。

筆者自身東大生ですが、正直言って東大だからこそ身につく能力などありません。もちろん優秀な人々が多く彼らからインスパイされることは多々ありますが、東大に来なければ獲得できないスキルなど存在しないというのが心からの本音です。結局は個人の努力次第ですから、書類選考を通れる程度の学歴(MARCHあたりが最低ラインです)さえあれば、後は必死で努力して実力をつければ、十分通用します。

と言われても、何をすればいいかわからない… という方はこちらの選考ノウハウのまとめを御覧ください。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!