Q. コンサルのプライベートってどうなってるの?

BSY_011 (コピー)_R

A. 一般的水準よりはかなり制限されているとはいえ、プライベートはあります。

まず、コンサルは一般的水準からすればかなりの激務であることは間違いないです。しかし、まったくもってプライベートがないのかといえば、そうでもありません。確かにキックオフ(プロジェクト開始時)やプロジェクト終盤などのプロジェクトのキーとなる時期には深夜まで作業が続き、場合によっては徹夜ということもあるでしょう。しかし平常時は基本的に毎日やるべきことは決まっており、それが終了すれば帰宅することができます(逆にやるべきことが決まってないようでは、計画性がないと言えるでしょう)。その量も基本的に毎日寝れなくなるくらいの量が課される訳ではありません。むしろそれでは生産性が落ちるでしょう。とはいえ、そうした平常時でも17時に帰れるような世界ではありません。ファームによって全然違いますし、プロジェクトの進行次第なので正確には言えませんが、だいたい平常時の帰宅時間は20~22時を目安にすれば大きく外すことはないでしょう。

土日はどうでしょうか?忙しい時期であれば、土日のうちどちらかまたは両日出社することはあります。しかし平常時では基本的に週休二日が普通です。その場合でも、事実上どちらかは半日くらいは準備にあてる必要があるとの話はコンサルタントからよく聞きますが(特に新人の頃は)。また別のベテランコンサルタントによれば、1年くらいたってある程度仕事に慣れてくると平常時は土日は完全に休日とのことです。

さらに、コンサルはプロジェクトの進行具合で忙しさが決まることは前述しましたが、プロジェクトがない時というものがあります。それはプロジェクトとプロジェクトとの間です。ここで一週間ほど、人によっては一カ月(!)の有給をとってリフレッシュするコンサルタントも少なくありません。プロジェクトが終わる前に次のプロジェクトがアサインされて、合間なしということもあるので、上手くこうした隙間を見つけてプライベート確保することが必要になるでしょう。

よく言われることですが、優秀なコンサルタントを見ると、基本的に仕事以外にも何か面白い活動をしていることが多いです。これは、コンサルに求められる能力の一つである人間としての魅力と直結します。完全なる仕事人間ではやはりそうした魅力は培えません。プライベートはコンサルとしてむしろ必要なものであると認識しましょう。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!