ケース面接で覚えておくべき9つの事

ここでは、ケース面接を受ける上での心構えをまとめています。。これから、コンサル就活を始める方、しっかりと以下のことを頭の中に入れてから面接に臨みましょう。

ケース面接では、面接官とのコミュニケーションを忘れ、一方通行になってしまいがちです。あくまで、面接官とのディスカッションであることを忘れないようにしましょう。

 

ケース面接で覚えておくべき9つの事

 

1、問題内容をよく聞く

クライアントが本当に求めていることは何かをしっかりと理解する

2、メモを取る

必要な情報をしっかりメモ書きしておくと、困った時に手がかりになる

3、問題の要点をまとめる

すぐに回答するのではなく、問題の要点を声に出すことで相互のズレを防ぐことができる

4、問題の目的とクライアントの達成目標を確認する

問題の目的が明確な場合でも他に考慮すべき目的があるかもしれないので、確認しておく必要がある。

5、すぐに言葉を発する前に、頭の中で少し考える

ポイントとずれた話をしないように頭で考える癖を付ける

6、数字で答える

可能な限り数字を用いた分析を心掛ける。物事を定量的に把握することができる人物だとアピールすることができる

7、相手の反応や言葉を活かす

一方通行ではなく、コミュニケーションとを意識し、助けが必要な時はアドバイスを受け入れる

8、強い熱意と前向きな姿勢をアピールする

問題解決を心から楽しんでいる姿勢をアピールする必要がある

9、結論を要約しまとめる

ケース面接を通して、最終的に自分の結論をしっかりと述べる必要があります

 

最後に

ケース面接は、練習を通しての慣れが大きいのでガンガン受けることでスキルアップしていきます。そして、大切なのは、あくまで面接官とのコミュニケーションなので、一方通行にならないように意識し、しっかりと面接官とディスカッションをするイメージて取り組みましょう。

 

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!