ケース面接で求められている能力とは

ここでは、コンサル就活生にとって必須対策である、ケース面接を行う目的について説明します。ケース面接はコンサル志望にとって、壁の一つではありますが、一番のアピールの場でもあります。自分がしっかりと問題解決を楽しんでいる姿勢をアピールしましょう。

 

コンサルに求められる4つの能力

 

  • プレッシャー下でも、常に冷静でいられる能力

いかなる状況でもコンサルタントとして冷静な判断をくだし、最善の結果を出せる人材かどうか

  • 適度な距離を保ちつつも、クライアントに取り入っていく能力

クライアントの元で仕事をやることが多いコンサルならではの観点ではありますが、しっかりと第三者的な目線で見るために適度な距離感を保ちつつも信頼を獲得していくスキルが求められてきます。

  • 自分の考えを明確に伝えられる能力

コンサルにとって、自分の言葉をしっかりと言語化できるのは最低限必要な力です。そうしなければ、クライアントとの相違が起きてしまうこともあります。

  • 高度な分析力

クライアントの問題解決を行う、ブレインとしての役割を持つコンサルでは、数字に強いことが好まれるように鋭い分析力が求められます。

 

ケース面接を行う際に見られている評価項目の予想

  • 分析力
  • 論理的思考力、自己の考えをまとめる力
  • 思考プロセス
  • 困難な状況においても辛抱強く対処する能力を試す。
  • プレッシャーが掛かる状況下での落ち着き、自信、コミュニケーションスキルを評価する
  • パーソナリティを評価する
  • 問題解決を楽しんでいることがあるかどうかを見極める
  • 戦略コンサルに適正があるか

 

最後に

これらの能力を判断するために、ケース面接を課していると推測される。今からでも遅くないので、しっかりとケース面接対策をした上で、紹介した点を意識して、コンサルの試験に臨みましょう。

 

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!