Q.コンサルタントは、出張などで海外に行きますか?

Q.コンサルタントは、出張などで海外に行きますか?

A.多様な機会を通じて、海外で働くことができます

海外で仕事をする機会は主に下記の3つがあります。

1.プロジェクト中の海外出張

まず一つは、日本オフィスに所属しながら、プロジェクトの関係で海外に出張するケースが挙げられます。これはたとえば、日本企業の海外進出プロジェクトにアサインされた場合です。この場合、進出先に現地オフィスの存在するファームであれば、現地オフィスのスタッフとともに日本から派遣されてプロジェクトに参加することになります。プロジェクト期間のうち、全部ないし一部の期間を海外のオフィスで過ごすことになります。また、そのような海外に関係するプロジェクトにアサインされているあいだは、直接海外に行かなくても、日本オフィスにいながら海外オフィスのスタッフとテレビ電話で会議を行ったりする機会は頻繁にあります。

2.海外オフィスへの一時的な派遣プログラム

海外派遣プログラムを利用して海外オフィスに勤務することもあります。多くの外資系コンサルティングファームでは、グローバルに活躍できる人財の育成に注力しており、コンサルタントを海外オフィスに派遣し、約1年間ケースメンバーとして働いていただくことで、コンサルタントの能力向上や語学の習得、オフィス間の交流 を図っています。こういつた制度は、ファーム内で選抜されたメンバーのみが活用できるため、優秀な人材が多いファームの中でも更に抜きんでた存在であることが求められます。派遣期間はファームによって様々ですが、
数年単位での派遣となることはほぼ間違いないでしょう。
また、ファームで働くこととは離れますが、海外大学院への留学を奨励し、援助制度を設けているファームがほとんどです。

3.海外転勤

最後に、ファームの海外オフィスに直接転勤勤する場合です。これも、社内で公募があり自薦ないし他薦により応募できる場合の他に、受け入れ先のオフィスから指名され、本人の意思により行くことができるケースもあります。転勤のため、もちろん無期限で海外で働くことになりますが、希望すれば日本に戻ってくることができるオフィスも多いです。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!