デロイトトーマツコンサルティング(DTC)のインターン/ジョブ対策まとめ

このページでは、デロイト トーマツ コンサルティングのインターン/ジョブの概要について2021年卒選考の情報をもとに解説しています。

目次

1.開催概要
2.詳細
3.対策方法
4.選考フロー

1.開催概要

開催日程

5日間、4日間、1日間

開催場所

東京オフィスなど

参加人数

50人程度

2.詳細

1グループ4-5人で、グループごとに社員の方がメンターにつきます。お題は一般的なビジネスケース問題で、グループごとに違う業界のお題に取り組むことになります。業界に関しては事前に希望調査がなされるので、興味のある分野のワークに取り組めたり、その分野で働くメンターの社員の方から詳しく話を聞けたりします。
1日目の午前中は会社説明と講義があり、講義で学んだことを実践する簡単なグループワークも行われます。1日目の終わりから最終日の午後までは、基本的にグループワークの時間となります。最終日の午後には、最終プレゼンテーションを行い、発表後にはグループごとのフィードバックをクライアント役の社員の方から、個人フィードバックをメンター社員の方からいただけます。グループワークの最中にも、メンターの方から適宜フィードバックをいただけたり、ディスカッションしたりすることができます。
インターンの途中、座談会やメンター社員の方とランチの時間があったり、最後には懇親会があったりするなど、社員の方からお話を聞く機会も豊富です。4日間、5日間のインターンに参加すると、早期選考に呼ばれることが多いようです。
また、1日間のインターンでは、午前中に会社説明やロジカルシンキング講座を行い、午後にはグループワークと発表を行うようです。

3.対策方法

インターン/ジョブ対策をする上で必要な情報がインターン/ジョブ対策記事にまとまっておりますので、そちらをご参照ください。

また、戦略コンサルティングファーム内定者に、その内定を勝ち取った理由・内定に至るための対策を伺うシリーズ「戦略コンサル内定の極意」でも、インターン/ジョブ対策に関して知ることができます。ぜひご活用ください。

4.選考フロー

それぞれの選考段階における対策は個別記事をご覧ください。
※上のボックスがリンクになっております。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!