【連載】戦略コンサル内定の極意

EXE 第9期生 募集

「戦略コンサル内定の極意」は、戦略コンサルティングファーム内定者に、その内定を勝ち取った理由・内定に至るための対策を伺うシリーズです。対策なしには難しいといわれる、ケース面接をいかに突破するか、どのような準備を行なっておくのが良いか、当日に面接官に自身の優秀さをアピールするにはどのように立ち回れば良いのか、さらには内定者にはどのような共通点があるのか、など実際にその選考プロセスを体験し、内定を獲得した先輩から、具体的かつ戦略的なノウハウを教えていただきます。

vol.1 相手のニーズを捉える抜群の対応力で内定獲得

話し手:Aさん
理系大学院所属。学部時代は学生団体に所属し精力的に活動。長期インターンシップも複数経験し、MBB含む複数のコンサルティングファームから内定を獲得した。

目次
1. 難しいからこそ面白い”経営”を学びたい。だからコンサルへ
2. コンサルに内定したのは、考えるのが好きだから
3. 夏ジョブでMBBに内定したケース面接対策
4. メンバーに合否を左右されない、グループディスカッション対策
5. ケース面接で一方的な進行はNG。面接官と よい議論をするコツとは?
6. ジョブは「能力を最大限アピールできるか」が合否の分かれ目
7. 対策さえも楽しむことが、内定への近道

vol.2 夏の失敗から大逆転?MBB内定を勝ち取った努力とは

話し手:Bさん
国立大学所属。コンサルティングファームを初め、大手事業会社など数多くのインターンに参加。夏の失敗を糧に、冬インターンでいわゆる“MBB”、外資系戦略コンサルティングファームの内定を獲得した。

目次
1. 様々な業界を見たからこそ、コンサルに惹かれた理由とは
2. 成長スピードが高く評価され内定を獲得
3. 選考対策では、他の人からのフィードバックが鍵
4. グループディスカッションは、自分の得意な立ち回りで突破
5. 「1000問以上解いた」人一倍努力したケース面接対策とは
6. ジョブでは、仮説を出すスピードでメンバーを圧倒
7. 「戦コンなんて無理」は努力で変えられる?

内定者Cさん
国立大学院所属。学部生時代は部活動に打ち込む。”MBB“含む複数のコンサルティングファームから内定を獲得。

目次
プロフィール
1. 得意の数学の思考方法を活用できる、コンサルタントの道へ
2. 刺激的な仲間との出会いが、内定獲得に導いた
3. 納得感のある志望理由のコツは、自分なりの仮説?
4. ケース対策に、数多くの問題演習もフレームワークも必要ない?
5. ジョブでは議論の推進力をアピールせよ
6. 内定者には習慣的なクリティカルシンキングがある
7. 重要なのは選考対策を全力でやれるか、そしてそれを面白いと思えるか

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!