【戦略コンサル内定の極意vol.3】MBB内定を掴んだ秘訣は徹底的な”仮説思考“

連載「戦略コンサル内定の極意」は、戦略コンサルティングファーム内定者に、その内定を勝ち取った理由を伺うシリーズです。第3回に登場するのは、複数の外資系戦略コンサルティングファームから内定を獲得したCさん。ケース面接だけでなく部活動などの日常生活でも、課題を特定し、仮説を立て緻密に論証を行うCさんの物事への取り組み方からは、コンサルタントに必要な思考方法は何か学ぶことができます。

目次

プロフィール
1. 得意の数学の思考方法を活用できる、コンサルタントの道へ
2. 刺激的な仲間との出会いが、内定獲得に導いた
3. 納得感のある志望理由のコツは、自分なりの仮説?
4. ケース対策に、数多くの問題演習もフレームワークも必要ない?
5. ジョブでは議論の推進力をアピールせよ
6. 内定者には習慣的なクリティカルシンキングがある
7. 重要なのは選考対策を全力でやれるか、そしてそれを面白いと思えるか

プロフィール

内定者Cさん

国立大学院所属。
学部生時代は部活動に打ち込む。”MBB(*1)“含む複数のコンサルティングファームから内定を獲得。

*1 MBB:外資系戦略コンサルティングファームのトップである、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン コンサルティング グループ(BCG)、ベイン・アンド・カンパニーの3社の頭文字を取った略称

得意の数学の思考方法を活用できる、コンサルタントの道へ

——まず初めに、コンサルティングファームの志望理由を教えてください。

内定者C(以下C):知り合いの先輩がコンサルティングファームで働いていたので業務内容のイメージがあって、それと自分の部活動での取り組み方から考えて、自分はコンサルタントに向いているのではないかと思ったということが大きなきっかけですね。

その部活動での取り組み方というのは簡単に言うと、数学での思考方法を応用したようなものです。数学では、条件とゴール(求める数値・証明事項)が設定された問題を解くために、条件とゴールの間を埋めるための定理・解法などの様々なツールを学びますよね。大学受験の時、私はそれぞれのツールはどのような場合にどのような結論を導くために使われているのか自分なりに考えて、問題の設定を踏まえて解法を使い分けるフローチャートを作ることで問題を解いてきました。

このように勉強してきた数学を部活動に活かしたんです。まず自分のプレーの理想像と今の状況を明確にして、差分にどのような課題があるかを特定します。そこに色々な練習方法があり、それぞれの練習方法で伸ばせる自分のスキルを考えて、自分の課題を解決するのに最適な練習方法を行うようにしてきました。
また、プレーの最中には常に一瞬の状況判断が求められるのですが、それに対応するために、プレー中の多くの変数を適切に認識・処理してプレーの判断につなげるようなフローチャートを、練習を通して自分で作っていきました。

このように自分の物事に取り組む思考法がコンサルタントに向いていると思ったのに加え、コンサルティングファームが社会課題に取り組んでいることも志望したきっかけでした。自分が興味のある社会課題に取り組む団体を、あるコンサルティングファームが支援していると聞いたんですね。プロボノにも関われるのは、自分にとって魅力的であると感じました。

刺激的な仲間との出会いが、内定獲得に導いた

——複数の会社から内定をもらっていると思うのですが、何が評価されたと思いますか?

C:企業によって評価していただいた点は違うのですが、共通して評価していただけたと思っているのは思考スピードです。企業によって評価が違った部分については、ある会社ではコミュニケーションスタイルが良いと評価していただけた一方で、違う会社ではチームワークの評価が低かったです。
コミュニケーションスタイルを評価していただいた企業では、謙虚でやわらかいコミュニケーションを取れるということを高く評価していただけましたね。その部分が、カルチャーフィットにもつながって、良い印象を与えられたと思います。チームワークをあまり評価してもらえなかった会社では、数字への強さを高く評価していただけました。企業によってかなり差があるみたいですね。

——選考対策について聞きたいのですが、全体を通してどのように対策していましたか?

C:選考対策は友人と(自分を含めた)5人グループで行っていました。友人たちは本当に優秀で、いつも刺激を受けていました。この刺激的な友人の多くとは、自分がメインで活用していた選抜コミュニティであるFactLogic Executive(以下EXE)で出会いました。EXEは選考対策ができることや内定者のメンターがつくことも魅力ですが、他のコミュニティと比べてアットホームなところが魅力的でした。アットホームな環境だからこそ、一緒に練習する仲間と出会えたのだと思います。

納得感のある志望理由のコツは、自分なりの仮説?

——各選考ステップについて詳しく聞きたいのですが、エントリーシートで特に注意したことはありますか?

C:基本的には好きなように書いてましたね。ただ、1つだけ意識していたことがあって、仮説でかまわないから、自分にとってなぜその会社が良いのか自分の言葉でしっかり伝えるようにしていました。一般論として述べるのではなく、自分自身の観点から志望理由を述べることが重要だと考えています。
自分の観点から「自分にとってこの企業が最も望ましいと思っている」と述べようとすると、学生はまだその会社で働いたことはないですから、正しいと確信が持てることはなかなか言えないですよね。ですから、現時点の仮説として考えを伝えれば良いと思います。

一般論よりも仮説であっても自分の考えを伝える方が納得感がありますし、面接官の方も現時点では仮説でしか話せないと分かっていると思います。実際、私は面接で「仮説としてですが」とはっきり言っていましたが、コンサルティングファームでもベンチャー企業でも、それによって評価が下がることはありませんでした。

——筆記試験やWebテストはどういった対策をしましたか?

C:Webテストには様々な形式がありますから、それぞれの形式でどのような問題が出るか把握して、慣れが必要なところは練習をしていました。問題集を軽く見て、解いておいた方が良いと思うところだけちゃんと解くようにしていたというかたちですね。
あとは、先程触れた友人たちが情報通でして、どの会社でどのような問題が出るかは友人に教えてもらっていました。筆記試験やWebテスト対策に割いた時間は全部で15時間くらいだったと思います。

ケース対策に、数多くの問題演習もフレームワークも必要ない?

——ケース面接対策はどのようにしていましたか?

C:5月中旬から、EXEのメンターと友人に、それぞれ月に3回程度ずつ合計月に6回ケース面接の練習をしてもらってました。メンターと練習する際は、面接官をやっていただき模擬面接をしてもらっていました。友人と練習するときは、まず雑談や情報共有をした後に、1対1か1対2で面接官と学生を交互に行う模擬面接をやっていました。メンターや友人との練習をしない日は新しい問題に取り組むのではなく、今まで解いた問題をより深く考える時間に充てていました。
市販のケース問題集はほとんどやっていなく、ケース対策を始めてすぐに先程言った練習スタイルになりましたね。

——ケース問題を解くコツはありますか?

C:一言でいえば仮説思考と因果関係を緻密に捉えることだと思います。
仮説思考とは、手元にある情報を統合した仮説を一旦立ててその仮説を証明していく考え方です。仮説を立てた上で、どのような論点に答えれば仮説が正しいと証明できるのか、また、その論点に答えるにはどのような情報が必要なのか、ロジックを立てることがケース問題を解くときには大事だと考えています。仮説は検討の結果棄却されることもありますが、検討結果を踏まえて仮説をアップデートしていくことで議論を前に進められます。

そのときに、因果関係を緻密に捉えることが重要になってきます。因果関係を緻密に捉えるとは、「どの論点に答えたら何を証明できるのか」を正確に考えることです。Xという仮説を主張するにあたって論点A、B、Cからそれをサポートすべきというときに、論点A、Bのみを検討しても不十分ですよね。

これらが重要なのは、コンサルタントがクライアントがなかなか解けないような問いに対して答えを出すことを求められる職種だからだと思います。このように考えると、証明や論証に重きを置いて議論をすると良いですよね。また、仮説がないと議論が進まないというのもあります。ジョブの練習をする機会があったときに、身に染みて感じましたね。

——ケース問題の対策を今から始める人には、何を勧めますか?

C:多くの問題を解いたり、多くのお作法やフレームワークを学んだりする必要はないと思います。1つの問題に向き合い、自分自身で答えを導く経験を積むことが重要だと考えています。そこにプラスアルファで、自分の考えをぶつけられる友人やメンターがいるとよい良いと思います。

たくさんの問題を解くこと自体は否定しませんが、”論証“するプロセスを学ばなければ、いくらたくさん解いても意味がないと考えています。ジョブ対策をしたときに24時間以上かけても、「これだ」という答えは分からなかったんですね。その経験で、当然ではありますが30分程度のケース面接で絶対的に正しい答えを導くことはできなく、大切なのは議論を前に進める”論証“のプロセスを適切に踏むことであると気づいたんです。
そう考えると、とりあえずフレームワークに当てはめるのも、当てはめるフレームワークを多く学ぶのも効果が薄いと考えました。問題の状況や立てる仮説次第で、論点の設計の仕方は変わります。自分で仮説を立て、それを証明しにいく。その中で得られた情報をもとに仮説をアップデートする。このプロセスが重要で、上面のフレームワークを吸収するのは本質ではありません。

——面接当日に気を付けていたことはありますか?

C:ケース面接では、議論のオーナーシップを持ち、議論の全体像を自分自身で把握しておくようにしていました。質問に答えるのに夢中になりすぎるのではなく、面接官の質問がどのように議論を推進するのかを意識しながら質問に答えることが大切です。面接官は議論の穴をつついて困らせようと質問しているのではなく、議論をより良いものにしようと質問しています。面接官は敵ではなく、議論のパートナーですからね。

ジョブでは議論の推進力をアピールせよ

——ジョブ(インターン)に向けて、準備しておいた方がいいことはありますか?

C:ジョブに近い経験をして、仮説を構築できるようになる、ないし仮説を構築する重要性を知っておくことが大切だと思います。ジョブにおいて最も難しいのは、仮説を立てることです。ケース面接と比較して、より多くの情報を統合して、より解像度の高い首尾一貫したストーリーとしての仮説を構築する必要があります。ストーリーとして首尾一貫した仮説を立て、それを検証するために情報を取りに行くプロセスを設計できると、主導権を握ることができます。主導権を握れると、評価されやすくなりますよね。

——ジョブ当日に気を付けていたことはありますか?

C:チームメイトとの議論と社員さんとの議論、それぞれ気を付けていたことがあります。チームメイトとの議論においては、まず相手の話をよく聞くようにしていました。当たり前のことではありますが、重要なことです。また、議論が空中戦になってしまわないように、答えるべき論点をクリアにするように努めていました。特にメンバー各々で情報を収集した後は、それぞれ調べた情報に基づき考えを言うため空中戦になりやすいので、その議論から一歩引いたり、より論点をクリアにしたりするように心がけたりしましたね。

社員さんとの会話の中では、コンサルタントとしてともに議論を推進、発展できる人材であることをアピールするように心がけていました。社員さんと議論する際は、まず自分たちの仮説と答えようとしている論点、そして今後の議論の展望を伝えます。そうすると、論点が足りていないなどの指摘を社員さんにしていただけることが多いのですが、そのとき既に考えを持っていたら正確に伝え、まだ考えられていないときは指摘を踏まえて議論の次の展開を話すようにしていました。社員さんは困らせるために指摘しているのではなく、議論を推進するために指摘してくださっています。それを踏まえ、議論を一緒に推進することで評価につなげていましたね。

内定者には習慣的なクリティカルシンキングがある

——改めて内定に向けて重要なことは何だと思いますか?

C:まず、その会社に強く行きたいと思うことが重要です。コンサルティングファームに行くには様々な対策をしなければならなく、それをやり抜くにはそれ相応のコストがかかりますからね。コンサルタントになんとなくなりたいのではなく、業務内容のエッセンスを見極めて本当に行きたいか考えるべきだと思います。

それに付随して、そもそも自分が何をやりたいかを考えられるような強い経験を、学生時代にしておくと良く、私にとってそれは部活動でした。本気で試行錯誤する中で初めて見えてくるものがあって、自分には何が向いていて何が向いていないのかは全力で取り組まないと分からないと思います。

最後にもう1つ重要だと思うのが、良い仲間を見つけることですね。私が内定できたのは、今まで何度か触れた友人がいたからだと思います。刺激をもらえる仲間を見つけてほしいですね。

——コンサルティングファームに内定しやすい人は、どのような人だと思いますか?

C:一概に言うのは難しいですが、批判的な思考、すなわちクリティカルシンキングが強い人が内定しやすいのかなと感じます。クリティカルシンキングが強いというのは、クリティカルな思考をする能力が高いというよりも、習慣的に前提や主張を疑う思考をしているというイメージを持っていただければと思います。ある主張・仮説に対して、なぜその仮説が正しいと言えるのか、その仮説はどのような論点に答えれば妥当だと言えるのかといったことを考える思考を当たり前にやる人が、内定者には多いような気がします。

あとは、プロフェッショナリズムのようなものを感じる人も多いですね。コンサルタントはクライアントの結果にこだわらなければならないと思うのですが、目の前の問題に向き合う本気の姿勢がある人が内定しやすいと思います。社員さんや内定者を見ていると、クライアントに尽くす、こだわる姿勢の強さを感じます。

重要なのは選考対策を全力でやれるか、そしてそれを面白いと思えるか

——コンサルタントとしての抱負を伺ってもいいですか。

C:まず第一に、常に自分のプロフェショナリズムを問い続けたいと思っています。苦しいこともあるとは思いますが、安住することなく挑戦し続けたいですね。第二に、厳しく勝負し続け、成果を出し続けたいと考えています。誰にも負けないという強いスタンスを保ち続けたいです。最後に、あまりコンサルタントとしてというわけではないですが、外部の刺激を定期的に取り入れながら、自らの描くリーダー像に近づく機会をものにしたいと考えています。社会に対する広い視野を保ちながら、人や組織を牽引し大きなインパクトを生み出せるリーダーになりたいです。

——最後にコンサルタントを目指す後輩にメッセージをお願いします。

C:コンサルタントになりたいという気持ちは(まだ経験したことがないので)仮説であるかもしれないが、その仮説が正しいと思うのならば、真摯に向き合いしっかり対策してほしいです。その対策のプロセスが面白いと思えるのならば、コンサルタントに向いていると思います。目先の選考対策を頑張らないと面白いと思えるかも分かりません。選考対策を頑張れるだけの動機も重要です。確かな動機を持って、選考対策を頑張ってください。

おすすめ記事

【戦略コンサル内定の極意vol.1】相手のニーズを捉える抜群の対応力で内定獲得
【戦略コンサル内定の極意vol.2】夏の失敗から大逆転?MBB内定を勝ち取った努力とは
ケース問題集 マッキンゼー・アンド・カンパニー編 vol.1
ケース問題集 ベイン・アンド・カンパニー編 vol.1
ケース問題集 ボストン コンサルティング グループ編 vol.1

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!