ゴールドマン・サックス現役社員による特別ワークショップ・座談会
【20名限定】戦コン・外銀ジョブ参加者限定 Professional Leaders Summit for Exective トップリール
落ち武者シリーズ
エッグフォーワードシークレット
SUMMER TITLES

New Articles

新着記事

Q. どうすればコンサルタントになれますか?

A:各コンサルティングファームが行う選考を受け、内定を得ることでなれます。 選考内容は大きく分けて、(1)ES(2)Webテストや筆記試験(3)グループディスカッション(4)フェルミ推定問題(5)ケース面接(6)日本語での一般面接(7)英語での一般面接(8)その他 となっています。   (1)ESは、コンサルティングファーム特有のものというよりは、他の事業会社(コンサルティングファーム以外の、メーカーや金融などほとんどの企業を指します)で聞かれるようなものと同じです。志望動機や将来の夢、リーダーシップを発揮した経験などオーソドックスなことが聞かれます。ただし、ここで手を抜いてしまうと、他の業界と同じようにESで落とされてしまうので油断しないようにしましょう。 (2)Webテストや筆記試験を課しているファームも多く、合格するには対策が必須です。コンサルティングファームを受験する学生は総じてレベルが高いため、十分な対策をしないと東大生でも落ちてしまいます。Webテストや筆記試験の種類は各ファームによって異なりますが、公務員向けの「判断推理」「数的処理」の問題を解けるようにしておけばよいでしょう。 (3)ESや筆記試験をパスすると、グループディスカッションを課す企業が多くあります。ディスカッションのテーマは、「若者の活字離れを防ぐにはどうすればよいか。」や「お掃除ロボの売上を増加させるには」など様々なものであり、ファームによっては社員が議論の最中にアドバイスをくれることもあります。グループディスカッションに関しては、一人で練習するのには限界があります。友人と練習したり、セミナーに参加したりして対策をしましょう。また、実践に勝る練習はありません。サマーインターンの選考の段階でグループディスカッションを課す企業もあるため、積極的にチャレンジして場数を踏みましょう。 (4)(5)フェルミ推定問題とケース面接はセットで行われることがほとんどです。 フェルミ推定問題とは、「日本に存在する割り箸は何本か?」「日本にあるガソリンスタンドの数はどれくらいか?」といった、未知の数に対して回答を求める問題です。自分なりに前提条件を設定し、数を仮定しながら回答を進めていきます。回答の数字と実際の数字がどれだけ合っているかよりも、その回答を導き出すまでの論理的思考の過程が評価されていることが多いです。 ケース面接とは、「スターバックスの売上を2倍にするにはどうすればよいでしょうか」といった、ある課題に対して自分で解決策を提示することを求められる試験です。ここでも定量的に問題を考える必要があり、しっかりと数字を根拠にした解決策を提示しなければなりません。 フェルミ推定とケース面接は、ある程度対策をしなければ出来るようにならないので、余裕を持って対策を始めましょう。具体的な対策時期や必要となる時間については、『Q:コンサルの選考対策にどれくらい時間がかかりますか?』も参考にしてください。 (6)一般面接は、志望動機や将来の夢などを聞くオーソドックスなものであり、これは他の事業会社とさほど変わらないでしょう。しかし、ケース面接への対策を重視するあまり、この一般面接の対策を疎かにしてしまう人が意外といます。他のコンサルティングファームとの違いを答えられないようだと、本当にこの会社に入りたいのかと面接官は疑ってしまいます。OB訪問をするのが一般面接対策には理想ですが、OB訪問が難しい人は当サイトなどを使ってしっかりと情報収集をしましょう。 (7)英語での一般面接は、受験者の英語力を試すものであり、留学経験がある人などは有利でしょう。これも直前になっての対策は難しいため、日頃からリスニング・スピーキング能力を鍛えておくことをおすすめします。とはいえ、全てのコンサルティングファームで英語を用いた試験が行われるわけではないので、思い切って英語の対策はしないというのも戦略の1つでしょう。 (8)その他、各ファームによって独自の試験を設けているところもあるので、しっかりと企業ごとの情報をチェックしておきましょう。一般的には上記(1)~(7)の対策をすれば十分ですが、論述の筆記試験を課しているマッキンゼーや、電話での英語会話試験を課しているZSアソシエイツなどの会社もあるので、余裕を持って対策を始めましょう。   以上がコンサルティングファームの選考で課される内容となります。やることが多くて大変だという印象を受けるかもしれませんが、コンサル就活で行う選考対策は、そのまま他の業界でも活用できるものばかりです。特に最近の傾向として、大手総合商社や広告、金融企業など大企業の選考においてグループディスカッションやケース面接が課されるようになってきています。大企業以外でも、有名ベンチャー企業は積極的にグループディスカッションやケース面接を選考に取り入れているのがトレンドです。 このように、コンサル就活のために早い段階から選考対策を行うことは他の業界の選考対策にもなります。コンサル就活で早い段階からグループディスカッションやケース面接の経験を積んでおけば、大企業の就活でもその他の学生に差をつけることができるでしょう。

【第二弾更新!】外資戦略ファーム内定者が添削、ケース問題添削集【シリーズ】

【特典資料】ケース選考、これが受かる解答だ。東大生の解答を外資戦略コンサル内定者が本気で添削してみた 19卒東大生3名が解いたケース問題に対して、難関外資戦略ファームに内定を獲得した内定者が添削&徹底フィードバックした解説資料を、FactLogic会員限定に大公開する。 はじめに この添削集を読むことで得られるポイント ケースの問題を解くにあたり、実際どういう点が評価の対象になるのか。 ケース面接本番でコンサルタントから突っ込まれそうなポイントはどこか。 この添削集の使い方 先に問題に取り組んでください。そうすることで、あなたの解答への模擬添削となります。 解答者が3人いるので、3通りの解答パターン。きっとあなたと同じ切り口の解答が見つかるはずです。 自分と似た答案だけでなく、似た解答以外の解答もチェックし、足りない観点を補強しよう。 ※書籍等である程度型を学んだ方が、模擬演習&弱点補強の意味合いで利用することもできます。是非ご覧ください。 《第二弾リリース記念キャンペーン》 第一弾が、「一般公開」となりました!! この機会に是非PDFをダウンロードして、選考対策に役立ててください! 目次 第一弾 お題:「奈良県の観光客を増やすには?」 解答者 東京大学工学系研究科修士1年2人・東京大学法学部3年 第二弾 お題:「日本の米をヨーロッパで売るには?」 解答者 東北大学工学系研究科修士1年・東京大学法学部3年・東京大学農学生命科学研究科修士1年 第三弾 Coming soon… 特典資料イメージ (※実際の資料は10ページ以上あり、さらに充実した内容となっています) ケース問題添削集 【第一弾】「奈良県の観光客を増やすには?」 こちら第二弾リリースキャンペーンより特別に一般公開化しました!! ▼ダウンロードはこちらから▼ 【特典資料】ケース問題添削集【シリーズ第1弾】 【第二弾】「日本の米をヨーロッパで売るには?」 ▼ダウンロードはこちら▼

「全ての総合商社志望者は、外コン・外銀内定を目指せ」19卒に贈る、外資系サマーインターンを制し、就活を制す内定指南書

今回は19卒で本気で難関企業を目指す就活生に「外コン・外銀」の内定を得る方法を徹底解説します。 外コン・外銀の内定はその業界を志望する人だけでなく、総合商社を始めとする日系の難関企業を目指す人にとっても非常に有益です。 また、この時期から動き出す早期の選考対策は【難関企業内定への一番の近道】です。 ここでは、18卒ですでに外コン・外銀に内定している方へのインタビューを交えながら、4月からどのようにスタートダッシュを切り、他の就活生に差をつけられるかについて役立つ情報を独自に調査し、まとめました。 ぜひご一読ください。   そもそも外コン・外銀とは?      ①外コンの仕事内容って? まずは業界を把握!外資系コンサルを目指す人への予備知識!-楽天みんなの就職活動日記 http://www.nikki.ne.jp/event/20150729092/ ・  経営戦略コンサル:企業の経営戦略を一緒に考えていく業務。第三者として企業の経営者に財務分析・市場調査・マーケティングを駆使して経営方針を提案する この記事は、外資系コンサルの基礎的な業界知識を得るに最適な記事です。 ここから詳しい企業分析へと移りましょう。 ②【外銀入門】15分でわかる外資系投資銀行!受ける前に知っておきたい「部門の違い」-onecareer https://www.onecareer.jp/articles/339    ・  投資銀行は社風よりも部署ごとの文化差が大きい    ・外資系投資銀行IBD部門 大まかな業務内容は下記に分かれます。       ・企業の買収や売却(M&A)の提案       ・資金調達の提案      …

【就活業界比較】外資系投資銀行(外銀)vsコンサルティングファーム

皆さんはいま、どんなキャリアプランを描いていますか?どんな理想像を抱いていますか? もし「高い年収を貰いたい」「凄まじく仕事のできる人間になりたい」「若いうちから大きな仕事をしたい」といった気持ちがあるのなら、外資系のコンサルティングファームや投資銀行に興味を持つことでしょう。 就活生にも大人気であり、極めて優秀な人材だけが入社することになるこの二つを、年収・激務・職務内容・キャリアパスなどの様々な面から比較します。 ①それぞれの部門・分類は? まず、一口に「外銀」「外コン」と言っても、それぞれの分類ごとに仕事内容や給料は大きく異なります。 ・投資銀行 (1)IBD(投資銀行)部門 “IBD”は投資銀行部門(Investment Banking Division)の略です。 採用人数が多く、いわゆる「花形」部門です。 主に大企業を相手にM&Aの提案や資金調達の提案といった規模感の大きな仕事を行います (2)マーケット部門 証券流通市場を舞台にした仕事です。 投資銀行自体が株式や為替など「金融商品」を取り扱います。 営業活動が重視される部門です。 (3)リサーチ部門 株式や債券といった投資銀行の主要商品やマクロ経済まで分析します。 機関投資家へのアドバイスや投資判断をする上で 重要な指標となる「レポート」を作成する部門です。 (4)アセット・マネジメント部門 顧客である企業や個人の資産運用を行う部隊であり、 多くの外資系投資銀行では、本体とは別会社になっています。 顧客から預かった資金を使って、代わりに運用を行う業務内容です。 (https://www.movin.co.jp/finance/investmentbank/ibd.html 参照 ) ・コンサルティングファーム (1)戦略系コンサルティング 全社戦略をテーマとして扱う、トップファームのサービス マッキンゼー/BCGなど (2)総合系・会計系コンサルティング 経営戦略だけでなく、人事やITシステムの導入などまで含めたサービス アクセンチュア/デロイトなど (3)IT系コンサルティング システム導入やソフトウェア開発などにより付加価値を提供…

【19卒】コンサルティング業界の就活年間スケジュールまとめ

  「就活」が人生決める大事なイベントであることは誰もが理解しています。しかし、外資系コンサルティングファームや投資銀行は、選考フローが一般的な日系企業と大きく異なり、18卒であれば6月の解禁のほぼ一年前には選考が始まっています。このため、「いつ何をすればいいかいいかわからない」「気が付いたら選考が終わっていた」といった声をよく聞きます。この記事ではおおまかな年間のスケジュールと対策をまとめました。 【3~7月】 サマーインターン サマーインターン・ジョブといった言葉を耳にする時期でしょう。選考が本格化する6,7月に向けて、早い人は準備を進めています。 サマーインターンとは、一言で表すと 「各企業が就活生向けに業務体験をさせてくれるイベント」のことです。 内容としては大きく2種類あります。 1つ目はグループワークを中心とした業務の疑似体験的なタイプ、 2つ目は社員さんが働いている現場に入り実務に携わるタイプがあります。 ただし、前者が圧倒的に多いです。 インターンの目的としては、各社が業界や自社について理解を深めてもらうためももちろんあります。 しかし、優秀な学生に早い段階から目をつけ、採用につなげたいという企業の意図もあります。 一部の外資系企業では、サマーインターンを経て事実上の内々定をだすところも存在しています。 サマーインターンは単なるセミナーとは大きく異なることは強く意識しておくべきでしょう。 (https://jeek.jp/internship/posts/109 より引用) 指摘されているように、外資系コンサルティングファームでは、ここで内々定を出すところも多いようです。しっかりと対策をして臨みましょう。ざっくりと、以下のフローで進んでいきます。 合同説明会 5-6月 ↓ エントリーシート提出 6月 ↓ WEBテスト・筆記試験 6-7月 ↓ GD(グループディスカッション) 6-7月 ↓ 面接(個人) 6-7月 ↓ インターン・ジョブ本番 8-9月   このため、その前の3-6月で対策を進める必要があるでしょう。 OB訪問 「論理力」や「頭の良さ」が重視されるコンサルティング業界ではOBOG訪問はあまり重要ではないように思われがちですが、実は大きな役割があります。この時期なら快く対応してくれますので、早いうちに多くのコンサルタントの方から直接話を聞いてみましょう。 ①実際のファームの内情を知ることができ、志望企業を絞り込める。 ②志望動機を見つける助けになる。…

企業変革のプロフェッショナルファーム、エル・ティー・エス(LTS)説明選考会

エントリーはこちら  外資コンサル・外資金融出身者が集結するファームLTSの説明選考会 エル・ティー・エス(LTS)は、国内屈指の独立系インキュベーションファーム・ドリームインキュベータが出資するコンサルティングファームです。現在LTSは人材・組織の課題を解決する企業として戦略実行フェーズに特化し、航空・製造・商社・金融・ITといった広範な各領域における代表的企業および官公庁といったあらゆる業界の戦略立案から実行までを支援しています。 特に、企業変革に伴う業務プロセスの最適化や人材開発、サービスマネジメント、グローバルサポートまで幅広い課題解決を支援できることを強みに持ちます。 AccentureやPwC、Deloitteをはじめとする外資系コンサルティングファームや外資金融など、名だたる企業からプロフェッショナルが集うLTS。一方で、入社4年目が海外事業推進部マネージャーに就任するなど、若手コンサルタントの活躍の場の多さは他のファームとも一線を画します。本説明選考会では、そのLTSを牽引する「代表」の樺島弘明氏のVTRメッセージがあります。個人として実力をつけたい方はぜひご参加ください。   当日のアジェンダ 会社・インターン紹介(1.0h) 社長メッセージ(VTR)・質疑応答(0.5h) グループワーク(0.5h)   説明選考会の日程 6/19(月) 17:00-19:00(東京) 6/22(木) 14:00-16:00(東京) エントリーはこちら  ぜひご参加いただきたい方 2018年卒業予定の大学生/大学院生 対象 特に以下のいずれかに当てはまる方は、ぜひご参加ください。 戦略コンサル、外資金融に代表される知的ハードな仕事に興味のある方 若手のうちから挑戦機会を得て、早くコンサルタントとして一人前になりたい方 コンサルタントからのフィードバックで、自分のコンサルタント適性を見極めたい方 外資コンサル・外資金融出身者などが集うファームの「代表」の話を聞いてみたい方 ※2018卒として、エル・ティー・エス社のインターン説明会やセミナーに一度ご参加されたことがある方は、再度ご参加いただくことはできません。あらかじめご了承ください。   開催概要 【定員】 10名程度 【参加費用】 無料 【持ち物・服装】 筆記用具・ノート。服装はスーツ推奨です。 【主催・お問い合わせ】 Goodfindセミナー事務局…

【18卒向け】マーサー・ジャパンの選考/採用情報

このページでは、世界最大級のグローバル組織・人事コンサルティングファームである「マーサー・ジャパン」の選考フローについて簡単にご紹介します。 選考フロー 書類審査(エントリーシート及び適性検査)→グループディスカッション→ケース面接→ケース面接→個人面接 マーサー・ジャパンから内定を貰うためには、ES、Web適性検査、グループディスカッション、ケース面接、面接をパスする必要があります。特に、グループディスカッション、ケース面接の対策が必須だと考えられます。   ES はじめに「マーサー・ジャパン 募集要項・選考プロセス」でESの提出を求められます。 18卒の設問は、以下の内容でした。 「あなたの好きな製品/サービスを取り扱っている会社を1社挙げてください。あなたは、その会社のCXOを自由に設置・任用することができます。設置するCXOを1つ定め、どのような基準で候補者を選定するかを説明してください。」(500文字まで) 一般的なES対策については、ESで問われる設問を5タイプに分類して解説した、「コンサルファームで頻出の5つのES設問タイプと対策」という記事を参照してください。   GD マーサージャパンのGDの情報は極めて少ない状況となっています。17卒は1次選考がGDだったようです。5~6人でディスカッションを行った、という情報もあります。 グループディスカッションに関する基本的な対策方法については「【4つの原則】コンサルのグループディスカッション対策法」を参照してください。   面接 二次選考はケース面接のようです。「人事」に特化したコンサルティングファームですが、「人事」に限定した特殊なケース問題が出題されるわけではないようです。人によって違う内容が聞かれる、という情報もあります。 一般的なケース面接の準備は、「コンサルファームのケース面接を突破するための4ステップ」などから学んでおきましょう。面接はケース面接と個人面接がありますので、基本的な対策はしておきましょう。   本選考は早期に行われる マーサー・ジャパンの本選考は就活解禁前の早期に行われます。12月末からエントリーが開始され、1月末にWeb適性検査が行われます。適性検査を通過した方は1次選考のグループディスカッション(2月上旬)に参加することができます。グループディスカッションの次はケース面接(2月下旬)が2回あります。2回のケース面接を通過した方のみ最終面接に進むことができます。   選考の難易度 マーサージャパンの情報は極めて限られており、採用人数も大量にとるわけではないようです。また、ケース面接二回など、選考フローも厳しいものになっています。かなりレベルの高いファームといえるでしょう。   エントリーシート・Web適性検査締切 エントリー締切: 2017年1月26日 Web適性検査締切 1次クール: 1月23日- 1月29日(1月22日までにエントリーした方) 2次クール: 1月27日- 2月2日(1月29日までにエントリーした方)…

【1/10締切】(18卒) デロイトアナリティクス新卒採用情報&エントリー方法

Deloitte Analytics 2018年度 新卒採用 Everywhere Analytics ~社会や企業に変革をもたらす価値を~ Deloitte Analyticsでは、日本のみならずグローバルなクライアントに対し、アナリティクスサービスを提供するための体制の強化、日本国内におけるデータアナリティクス サービスのリーダーとしての更なる地位の向上を目指し、データサイエンティスト・コンサルタントを志す人材を募集します。  アナリティクスを通じて、社会を変革してみませんか Deloitte(デロイト)は、150を超える国において、約22万人もの専門家によって構成されています。有限責任監査法人トーマツは、世界最大級の会計事務所(ビッグ4)であるDeloitte Touch Tohmatsu Limited(DTTL)のメンバーファームの一員として、監査およびアドバイザリー業務※を提供しています。 ※アドバイザリー業務:クライアントの抱える課題やニーズに対し、高度な専門知識を用いて解決策を提案・実行していく様々なサービスのこと デロイト トーマツ グループがサービス提供する国内外のクライアントは多数にのぼり、国内では多くの上場企業がトーマツの監査クライアントです。このような既存の監査クライアントに加え、様々な業種・規模の企業に対しアナリティクスサービスを提供することで、クライアントのビジネス・業務を変革することを通じ、社会に貢献しています。   募集要項 ==募集職種== データサイエンティスト・コンサルタント   ==仕事内容== 【監査・コンサルティングサービス】 デロイト トーマツ グループが提供する監査・ビジネスコンサルティング等のサービスに関連する以下の業務 • クライアントの課題分析やサービス提案、サービスデリバリー • データ調査・収集・データ分析方法の検討・データ分析実施と、分析結果からの提言 • 施策の検討、効果シミュレーション、効果測定…

コンサルタント必須スキルを2日で学ぶエル・ティー・エス(LTS)インターン選考会

エントリーはこちら  企業変革のプロフェッショナル ・LTSの徹底フィードバック付きインターン エル・ティー・エス(LTS)は、国内屈指の独立系インキュベーションファーム・ドリームインキュベータが出資するコンサルティングファームです。現在LTSは人材・組織の課題を解決する企業として戦略実行フェーズに特化し、航空・製造・商社・金融・ITといった広範な各領域における代表的企業および官公庁といったあらゆる業界の戦略立案から実行までを支援しています。 本インターンでは、選抜されたハイレベルな方を対象として、実際にプロジェクトチームを編成、仮想クライアントの経営課題解決にコンサルタントとして取り組んでいただきます。問題分析や解決策を講じる中で必要となるロジカルシンキング、限られた資源(時間・マンパワー・予算)の中で最高のパフォーマンスを出すためのプロジェクトマネジメントなどを講義・演習でインプットした後、インターンの中で実践していくプログラムです。 また当日はチームへの貢献に対するフィードバックだけでなく、参加者個人が打ち立てた個人目標に対してもフィードバックを得ることができます。実際の会社の評価の仕組みと同様、成果創出に向けた役割・機能の遂行に終始せず、個人のキャリア形成をも考える中で、社会人としての在り方を掴み取れる場が用意されています。 最終日にはコンサルタントやチーム以外の参加メンバーとの交流会も実施。コンサルタントからはジョブ中での働きに対するフィードバック、日々の実務、マインドセット、そして主催企業であるLTS独自のコンサルティング手法、組織・人的特徴についてもお伝えします。 これまでのインターン参加者は、BCG、IBM、リクルート、GE、国内大手メガバンクなどの内定を手にしており、インターンでの成功体験も失敗体験も、その後の活動において大きな資産となることが期待できます。コンサルティング業界を目指す方はもとより、知的ハードな仕事に就くことを希望している方や、スキルを貪欲に高めたい方にもぜひお勧めしたいプログラムです。   説明選考会のアジェンダ  会社・インターン紹介(1.0h)  社長メッセージ・質疑応答(0.5h)  グループワーク(0.5h)※社長登壇のない日程ではVTRメッセージとなります。   説明選考会の日程 〇東京開催 ※社長登壇 2/21(火)14:00-16:00 @LTS新宿オフィス 2/27(月)15:30-17:30 @LTS新宿オフィス 2/28(火)14:00-16:00 @LTS新宿オフィス 3/3(金) 15:30-17:30 @LTS新宿オフィス 3/8(水) 10:00-12:00 @LTS新宿オフィス 3/10(金) 15:00-17:00 @LTS新宿オフィス 3/13(月) 14:30-16:30 @LTS新宿オフィス 3/15(水) 15:00-17:00 @LTS新宿オフィス   〇関西開催 未定   エントリーはこちら インターン・プログラム詳細…

【18卒対象】NTTデータの筆記試験/Webテスト

ここでは、NTTデータの筆記試験/Webテストについて説明します。NTTデータでは、ESの後にWebテストの受験があります。 性格診断も重要になるテストなので、事前に説明会等で社員と話す機会を持ち、NTTデータで求められる人物像のイメージをしておくと良いでしょう。 筆記試験/Webテストの概要 課される試験 テストセンター × Webテスト 〇 筆記試験 × 詳細 [形式】①Webテスティング/玉手箱/TG-WEB ②TAL [試験時間]①40~70分 ②約20分 [対策方法] Webテストは、自宅のPCで受験する方式で実施されていますが、出題形式は年度によってSPIのWebテスティング、玉手箱、TG-WEB等様々のようです。出題範囲はいずれも言語・非言語・性格です(年度によっては性格が出題されなかったこともあります)。 問題自体の難易度は高くありませんが、NTTデータの選考では例年Webテストで落ちる人も多くいると言われていますから、苦手な範囲がある人は再度対策をして挑みましょう。 玉手箱の出題内容・対策方法については形式別に見るコンサルのWEBテスト・筆記試験分析【1】を、 SPIの出題内容・対策方法については形式別にみるコンサルのWEBテスト・筆記試験分析【2】を参照してください。 一方、TALでは図形を使った絵の作成が出題されます。受験したことがない人は、事前に調べて問題に慣れておく必要があります。 Web適性検査「TAL」の内容と対策ポイント―キャリアパークや、図形貼付形式 webテスト 採用適性検査「TAL(タル)」―パンログなどの外部サイトも、対策の参考にしてください。