Professional leaders summit
FactLogic Executive
インテリジェンスシークレットセミナー
 コンサルティング業界の実態と、 コンサルタントのモチベーションの源泉とは?
Goodfind紹介

外資コンサル出身バーテンダーが今注目する

優良成長企業30社

New Articles

新着記事

コンサルタント必須スキルを2日で学ぶエル・ティー・エス(LTS)インターン選考会

エントリーはこちら  企業変革のプロフェッショナル ・LTSの徹底フィードバック付きインターン エル・ティー・エス(LTS)は、国内屈指の独立系インキュベーションファーム・ドリームインキュベータが出資するコンサルティングファームです。現在LTSは人材・組織の課題を解決する企業として戦略実行フェーズに特化し、航空・製造・商社・金融・ITといった広範な各領域における代表的企業および官公庁といったあらゆる業界の戦略立案から実行までを支援しています。 本インターンでは、選抜されたハイレベルな方を対象として、実際にプロジェクトチームを編成、仮想クライアントの経営課題解決にコンサルタントとして取り組んでいただきます。問題分析や解決策を講じる中で必要となるロジカルシンキング、限られた資源(時間・マンパワー・予算)の中で最高のパフォーマンスを出すためのプロジェクトマネジメントなどを講義・演習でインプットした後、インターンの中で実践していくプログラムです。 また当日はチームへの貢献に対するフィードバックだけでなく、参加者個人が打ち立てた個人目標に対してもフィードバックを得ることができます。実際の会社の評価の仕組みと同様、成果創出に向けた役割・機能の遂行に終始せず、個人のキャリア形成をも考える中で、社会人としての在り方を掴み取れる場が用意されています。 最終日にはコンサルタントやチーム以外の参加メンバーとの交流会も実施。コンサルタントからはジョブ中での働きに対するフィードバック、日々の実務、マインドセット、そして主催企業であるLTS独自のコンサルティング手法、組織・人的特徴についてもお伝えします。 これまでのインターン参加者は、BCG、IBM、リクルート、GE、国内大手メガバンクなどの内定を手にしており、インターンでの成功体験も失敗体験も、その後の活動において大きな資産となることが期待できます。コンサルティング業界を目指す方はもとより、知的ハードな仕事に就くことを希望している方や、スキルを貪欲に高めたい方にもぜひお勧めしたいプログラムです。   説明選考会のアジェンダ  会社・インターン紹介(1.0h)  社長メッセージ・質疑応答(0.5h)  グループワーク(0.5h)※社長登壇のない日程ではVTRメッセージとなります。   説明選考会の日程 〇東京開催 ※社長登壇 2/21(火)14:00-16:00 @LTS新宿オフィス 2/27(月)15:30-17:30 @LTS新宿オフィス 2/28(火)14:00-16:00 @LTS新宿オフィス 3/3(金) 15:30-17:30 @LTS新宿オフィス 3/8(水) 10:00-12:00 @LTS新宿オフィス 3/10(金) 15:00-17:00 @LTS新宿オフィス 3/13(月) 14:30-16:30 @LTS新宿オフィス 3/15(水) 15:00-17:00 @LTS新宿オフィス   〇関西開催 未定   エントリーはこちら インターン・プログラム詳細…

【18卒対象】NTTデータの筆記試験/Webテスト

ここでは、NTTデータの筆記試験/Webテストについて説明します。NTTデータでは、ESの後にWebテストの受験があります。 性格診断も重要になるテストなので、事前に説明会等で社員と話す機会を持ち、NTTデータで求められる人物像のイメージをしておくと良いでしょう。 筆記試験/Webテストの概要 課される試験 テストセンター × Webテスト 〇 筆記試験 × 詳細 [形式】①Webテスティング/玉手箱/TG-WEB ②TAL [試験時間]①40~70分 ②約20分 [対策方法] Webテストは、自宅のPCで受験する方式で実施されていますが、出題形式は年度によってSPIのWebテスティング、玉手箱、TG-WEB等様々のようです。出題範囲はいずれも言語・非言語・性格です(年度によっては性格が出題されなかったこともあります)。 問題自体の難易度は高くありませんが、NTTデータの選考では例年Webテストで落ちる人も多くいると言われていますから、苦手な範囲がある人は再度対策をして挑みましょう。 玉手箱の出題内容・対策方法については形式別に見るコンサルのWEBテスト・筆記試験分析【1】を、 SPIの出題内容・対策方法については形式別にみるコンサルのWEBテスト・筆記試験分析【2】を参照してください。 一方、TALでは図形を使った絵の作成が出題されます。受験したことがない人は、事前に調べて問題に慣れておく必要があります。 Web適性検査「TAL」の内容と対策ポイント―キャリアパークや、図形貼付形式 webテスト 採用適性検査「TAL(タル)」―パンログなどの外部サイトも、対策の参考にしてください。    

【役職別】Strategy&の年収

このページでは、Strategy& の年収について解説します。 コンサルティングファームでは、通常は役職ごとに給料(年俸)が決められています。ここではStrategy& 社内での役職名と、その役職に応じた年収をまとめました。 (なお、本サイトでは年収以外にも「Strategy& のインターン対策情報」などをまとめています。どんな選考が課されるかを解説しており、Strategy& の選考の概要がつかめます。) 役職 Strategy&では、コンサルタントとして大学・大学院の新卒のキャリアがスタートし、通常各ポジションを平均2-3年でプロモーションします。 コンサルタント シニア・コンサルタント アソシエイト シニア・アソシエイト プリンシパル パートナー   年収(一例) コンサルタント 500~700万円 シニア・コンサルタント 700~1,000万円 アソシエイト 1,000~1,400万円 シニアアソシエイト 1,600~2,000万円 プリンシパル 2,000万円~ 昇給スピードや他のファームとの比較など 基本給と賞与の比率(年収の内訳) 賞与の額は明らかではありませんが、インターネット上の口コミでは年俸の5~10%程度だという情報があります。 昇給スピード 評価査定が年に1度行われ、これによって昇進・賞与が決まります。基本給は役職毎に固定されているようです。 Strategy&の採用ページには ”通常、各ポジション(アソシエイト、シニア・アソシエイト、マネージャー、ディレクター)を平均2-3年でプロモーションし、最終的にはパートナーに至ります。” という記載があり、実際の昇進の速度にも大きな個人差はなく、賞与によって個人差が生じるようです。…

【18卒対象】エル・ティー・エス(LTS)の面接

このページでは、エル・ティー・エス(LTS)の面接について紹介します。   選考フロー 説明選考会(GD)→ES→一次面接→二次面接(GD)→三次面接→最終面接 (一例)     面接詳細 一次面接 [形式]一般面接 [人数]学生2名程度 : 面接官 1名 [所要時間]不明 詳細 学生時代に頑張ったこととその深堀りといった、ESを基にした質問が多いようです。面接は会話形式で進められ、雰囲気は非常に和やかという口コミが多くみられます。 また、もう一人の学生と質疑応答をするという変わった形式で実施された例もあり、自己PRだけでなく他者の話をきちんと聞いているかといったコミュニケーション能力も見られることが予想されます。 また、同日に筆記試験も実施されるようです。   質問例 学生時代に頑張ったこと 逆質問 二次面接 [形式]GD [人数]学生4~6名程度:面接官1名 [所要時間]不明 詳細 二次面接はグループワーク形式で行われます。 過去の実施例では4~6名のグループで実施されており、与えられたテーマについてディスカッションをし、アウトプットを出すという一般的な流れで、参考資料が配布される場合もあるようです。 ここでも、論理的思考力だけでなく、周囲の意見をいかに取り入れながら議論を進めるかというコミュニケーション能力がポイントの一つになりそうです。   三次面接 [形式]一般面接 [人数]学生1:面接官1 [所要時間]不明…

【18卒対象】三菱UFJリサーチ&コンサルティングの筆記試験・WEBテスト

選考に必要な試験科目 筆記試験 × Webテスト × テストセンター ◯ テストセンター受験 [実施場所]専用会場 [所要時間]不明 [形式]SPI [対策方法]テストセンターで受ける形式で、通常の参考書で対応可能。科目は能力検査(構造的把握力を含む)、性格検査が過去に実施されています。 SPI対策についてはこちらのSPI対策ページを参照してください。 Webテスト対策についてはこちらのWebテスト対策ページを参照してください。 ファームごとにどんなWebテスト・筆記試験が課されるかについては、【保存版】有名コンサル19社のWEBテスト・筆記試験対策まとめという記事でまとめてあります。当サイトの記事の中でも、多くの方が閲覧している人気記事となっているので、ぜひともチェックしてみてください。

【18卒対象】NTTデータのES対策

このページではNTTデータのESについてまとめています。 選考方法の概要についてはNTTデータの選考/採用情報を参考にしてください。 ESについて 設問別にファームが見ている点は以下のように分類されます。この分類に関する詳しい説明は【保存版】コンサルファームで頻出の5つのES設問タイプと対策をご覧ください。 (a) 志望動機系(見られている点:熱意、情報収集能力) (b) 過去の経験系(見られている点:コミュニケーション能力、リーダーシップなど一般的な資質) (c) 未来目標系(見られている点:大局観、未来志向、社会貢献性) (d) 価値観系(見られている点:個性的か、コンサルタント適性があるか) (e) その他(長所・研究内容)   過去の出題例 2017年卒 以下は本選考の過去問です。 NTTデータを志望した理由(200字以内)(a) NTTデータで国内外関わらずチャレンジしたいことを具体的に記入してください(300字以内)(a,c) あなたがチームの一員として最も高い成果を上げた経験を、そのときのあなたの役割とチームへ及ぼした影響も含めて具体的に記入してください(300字以内)(b) 今までの人生の中で一番苦労したことに対してどのように乗り越え、そこから何を学んだか記入してください(300字以内)(b)   以下はインターン選考の過去問です。 NTTデータのインターンに応募した理由(200字以内)(a) 日常でおかしいと感じていること(200字以内)(d) 集団で活動する際にどのような役割につくことが多いですか?理由とともに教えてください(200字以内)(b)     2016年卒 以下は本選考の過去問です。 NTTデータを志望する理由を記入してください。(200字以内)(a) あなたの人生において、絶対に譲れない大事なことを、理由とともに記入してください。(200字以内)(b,d) NTTデータというフィールドを利用して、国内外を問わずチャレンジしたいことを記入してください。(300字以内)(a,c) 今までの人生の中で一番苦労したこと、それをどのように乗り越えたかを記入してください(300字以内)(b)…

【19卒対象】Strategy&のエントリーシート(ES)対策

このページではStrategy&のESについてまとめています。 選考方法の概要についてはStrategy&の採用情報ページを参考にしてください。 ESについて 設問別にファームが見ている点は以下のように分類されます。この分類に関する詳しい説明は【保存版】コンサルファームで頻出の5つのES設問タイプと対策をご覧ください。 (a) 志望動機系(見られている点:熱意、情報収集能力) (b) 過去の経験系(見られている点:コミュニケーション能力、リーダーシップなど一般的な資質) (c) 未来目標系(見られている点:大局観、未来志向、社会貢献性) (d) 価値観系(見られている点:個性的か、コンサルタント適性があるか) (e) その他(長所・研究内容)   過去の出題例 2017年卒 以下は本選考の過去問です。 経営コンサルタントを志望する理由(400字以内)(a) 大学生活での具体的体験を踏まえ、小学生の自分に伝えたいことは?(400字以内)(d,e) 以下はインターン選考の過去問です。 あなたの夢を教えてください(200字以内)(c.d) 学生時代に最も力を注いだこと(400字以内)(b,d)   2016年卒 以下はインターン選考の過去問です。 学生時代に最も力を注いだこと(400字以内)(b,d) 経営コンサルタントを志望する理由(400字以内)(a)   以上、Strategy&のESのについてまとめました。 他の選考プロセス(グループディスカッションやケース面接など)や、企業の特徴などの情報については、企業別情報まとめを御覧ください。   【19卒】特別選考ルート・選考対策・内定者サポートをご用意。Top of Topプログラム始動。

【19卒対象】Strategy&の面接

このページではStrategy&の面接情報をまとめています。 Strategy&の面接ではケース問題が出題されます。 一般面接の傾向とケース問題の出題例を確認して、本番で臆することのないよう準備をしましょう。   選考フロー 応募→書類選考→適性検査→グループディスカッション→個人面接(3回ほど行われます)→内定 セミナーと適正検査は同一日程で行われます。このため、セミナーへの参加は必須となります。   面接詳細 一次面接 [形式]一般面接・ケース面接 [人数]学生1人: 面接官1~2人 [面接官]ディレクター [所要時間]60分程度 [詳細] 面接官は1人の場合と2人の場合とがあるようです。2人であった場合、一般面接の質問をする面接官とケース問題を出す面接官とで分かれており、一般面接→ケース面接→逆質問という構成で行われるようです。面接官が1人の場合でも聞かれる内容は同様です。 質問例 志望業界 大学での研究内容 学生時代頑張ったこと なぜコンサルタントになりたいのか 国内の○○の数を概算せよ→これをどうやって上げるか から揚げ店の売り上げを増やすには 地方の人口減少に対する施策は   二次面接 [形式]一般面接・ケース面接 [人数]学生1人: 面接官1~2人 [面接官]パートナー [所要時間]60分程度 [詳細] パートナークラスの社員との面接です。一次面接に比べると雰囲気はかなり厳しく、「なぜ外資系コンサルなのか」「なぜStrategy&なのか」を重点的に細かく詰められます。 二次面接ではケース問題の出題はないこともあるらしく、企業理解や志望度等、マッチングを測る目的の質問が中心のようです。…

【18卒対象】NTTデータの面接

このページではNTTデータの面接情報をまとめています。 NTTデータの選考の概要については、「NTTデータの選考/採用情報」でまとめているので、こちらも参考にしてください。 選考フロー ES→適正検査→GD→一次面接→二次面接→最終面接   面接詳細 一次面接 [形式]集団 [人数]学生6~8名: 面接官2~3名 [所要時間]45分程度 [詳細] 一次面接は、GDの実施後にそのまま行われるようです。雰囲気は比較的穏やかであることが多いです。 3~5項目ほどの質問がされ、それぞれに対し1~2回深堀の質問がされるというイメージのようです。 また、答える順番は決まっておらず、挙手制だった例もあります。 質問例 GDの感想 NTTデータをどのような会社だと思うか 志望動機 入社したらやりたいこと チームんで何かを成し遂げた経験 逆質問   二次面接 [形式]個人面接 [人数]学生1人: 面接官2~3人 [面接官]人事、部長クラス [所要時間]60分程度 [詳細] 二次面接では、人事と志望するコースの社員を含んだ3名で行われるようです。 圧迫面接と感じるような雰囲気で行われることが多く、厳しい口調であったり、リアクションが薄く淡々と行われたりすることがあります。 聞かれる質問は下記の通りおおむね一般的なものですが、一つ一つの質問についてかなり深堀される場合は多く、それをきついと感じる学生が多いようです。 ESで記述した内容について問われることも多いので、ESの内容を頭に入れておきましょう。 質問例…

【18卒対象】NTTデータの選考/採用情報

このページでは、NTTデータの選考フローについて簡単に紹介します。   選考フロー 説明会→エントリー→適正検査→書類選考→GD→1次面接→2次面接→3次面接 面接の回数は個人によって異なるようです。   コース別採用 NTTデータでは、ES提出時に複数ある採用コースから1つを選択します。この際、コースの併願はできません。 2017年度採用では、 SE・営業コース 建設系ファシリティマネジメントコース 電力系ファシリティマネジメントコース 法務スタッフコース 財務スタッフコース 人事スタッフコース の6コースを募集していました。(具体的な仕事内容の違いについては採用ホームページの「採用コースによる仕事の違い」を参照してください。) このため、選考を受ける際には早い段階で具体的にやりたい業務とその動機を明確にしておかなければなりません。当然ながら、面接でも志望職種の社員が面接官を務め、職種に対する適正を見られます。 選考の際に要求される英語力 NTTデータの選考で課される適正検査は、玉手箱と類似した出題内容のWebテストと、TALという作画による性格テストです。 難易度は高くないようで、面接の方を重視して選考していると考えられます。 また、採用ページの「よくあるご質問」では、選考に必要なスキルについて下記の記載があります。 選考時に英語力、PCスキル、プログラミングスキルなどはどの程度必要ですか? 英語力、PCスキル、プログラミングスキルだけをみて選考を行っているわけではありません。 ただし、入社後に必要となるため各スキルや知識、あるいはそれに相当する興味・関心や適性について、選考で確認させていただきます。 NTTデータは近年グローバル展開も進んでおり、選考に関しては英語力が選考通過のための条件ではないものの、加点要素として見られるようです。 実際、過去にESや面接でTOEICのスコアや英語力について問われたことがあるので、ある程度のスコアは事前に取っておくと良いでしょう。 選考を受ける学生のレベルは NTTデータは例年400~600名程度を採用しています。このうち、文系出身者は100~200名ほどです。 また、募集要項において、給与が高専卒、学士卒、修士了、博士了でそれぞれ規定されています。 これらのことから、学歴や文理にかかわらず広く採用活動を行っていることが予想されます。 ちなみに、上記選考フロー通りの選考を行う自由応募に対し、一部の理系学生については、推薦応募があるようです。 それぞれの採用人数がどれほど厳密に分けられているのかは不明ですが、推薦応募が可能な上位大学の理系学生は自由応募を受けることは少ないのではないかと思われます。   選考の難易度 上で述べた通り、NTTデータは毎年400~600名と非常に多い学生を採用しています。…