【連載】コンサルタントの道

現役で活躍するコンサルタントに、仕事の価値観ややりがい、困難とその乗り越え方、また新卒でコンサルティング会社に入社することの意味を問う当シリーズ「コンサルタントの道」。具体的な人物にフォーカスを当てることで、コンサルタントという専門職の本質を見出し、各ファームの特長・強みを理解し、コンサルタントを目指す学生に参考にしていただければと思います。

vol.1 コンサル就職は、人生を切り開く自由へのチケット

話し手:山本 浩輔さん(仮名)
新卒で日系大手事業会社勤務ののち、外資系戦略コンサルティングファームへ中途入社。“MBB”の1社でマネージャーとして活躍する現役コンサルタント。

目次
1. マネージャーはプロジェクト全体の責任を負う司令塔
2. コンサルに転職した当時は、幅広く使えるスキルを身に付けたかった
3. タフな業務で成長速く、顧客の変化に寄り添える仕事
4. 活躍しているコンサルタントには、深く広い“想像力”がある
5. コンサル就職は新しい人生を切り開く自由へのチケット
6. 「コンサルは事業会社よりも上」という勘違い

 

vol.2 タフな仕事もチームなら乗り越えられる。BCGは1人ひとりを活かすチームワークのファーム

話し手:長谷川 万紀(はせがわ まき)さん

ボストン コンサルティング グループ Principal
東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻修士課程修了

大学院を修了後、2012年ボストン コンサルティング グループ(BCG・以下同)入社。通信・メディア・ハイテク(TMT)業界を中心に、ポートフォリオ戦略/市場調査/営業戦略/組織改革等のプロジェクトを数多く経験。新入社員向けのトレーニング担当及び日本オフィスの社内風土改革チームのメンバーでもある。

1. 研究職ではなくコンサルタントを選んだのは、多様な人々との出会いを重視したから
2. 1人ひとりの意見を重視するBCG。少数精鋭だからこそ個人の価値貢献を求める
3. 1日に複数回のミーティングなど上司の積極的な指導で、他にない成長を
4. 困ったら全社メールでヘルプ!チームプレイが当たり前の文化
5. 戦略作りだけでなく現場の営業活動も事業変革も、幅広く経験できる
6. クライアントに働きかけ、変化をもたらすこともやりがいの1つ
7. 強いプレッシャーも、チームの存在があってこそ乗り越えられる
8. 人の育成に全力でコミットするBCG、20代でスキルと経験が一気に手に入る

 

vol.3 戦略案件も再生案件も。企業の生死に寄り添い、経営の修羅場で戦う

話し手:小川 和浩(おがわ かずひろ)さん

株式会社経営共創基盤 マネジャー
京都大学大学院農学修士

大学院修了後、2016年株式会社経営共創基盤(IGPI)に新卒入社。自動車メーカーの新規事業展開支援、インフラ企業の組織再編支援、傘下交通事業の経営支援とハンズオンによるPMI等に携わった後、飲料・消費財・製薬・住宅・金融業界等における営業 / マーケティング戦略策定と実行支援、製造業における再生支援等に従事。並行して、IGPIの新卒採用活動にも関与。

1.新卒4年目でマネジャー就任。現在の仕事は
2.専門性よりも幅広い知識と経験を求め、製薬企業ではなくIGPIへ
3.新規事業も再生案件も。企業の生死を左右する仕事
4.戦略を描いて終わりではない、現場と向き合う先にやりがいがある
5.心は自由であるか?自らの意志で業務に取り組む
6.コンサルタントに必要なのはメタ認知力?
7.一流のコンサルタントの役割とは?正しい方向を示すだけでは不十分
8.IGPIはビジネスの”生々しい現場”を通して”最強のジェネラリスト”になれる場所

vol.4 未来を見据え、社会を創る。
NRI流プロフェッショナルのキャリアとは

話し手:村岡 洋成(むらおか ひろしげ)さん

株式会社野村総合研究所
グローバルインフラコンサルティング部 部長

2002年、新卒入社。University of Cambridge MBA、早稲田大学大学院建設工学専攻修了。運輸、物流等のインフラ関連産業における戦略立案及び実行支援に従事。

1.コンサルタントの枠にとどまらず、業界を牽引するオピニオンリーダーの役割も
2.NRIを選んだのは、若手から新しいことに取り組めると思ったため
3.1つの専門性を軸に、業界もテーマもピボットして自らの可能性を広げてい
4.海外の高級官僚との議論も。高い視座を持って取り組んできたプロジェクト
5.NRIなら、若手の頃から社会はどうあるべきかを前提に取り組める
6.プロフェッショナルは自分の意志で専門性を広げ、挑戦し続ける
7.コンサル業界は今までもこれからも、社会の変化とともに変わり続ける
8.目まぐるしく変わる社会で、プロフェッショナルとは何か自ら問う

vol.5 日本企業の海外進出にキャリアを捧げるBCGパートナー。その原動力と信念とは

話し手:荻原 英吾(おぎわら えいご)さん

ボストン コンサルティング グループ
Managing Director & Partner

一橋大学経済学部卒業、英マンチェスター大学経営大学院修士。
みずほコーポレート銀行(当時)、A.T. Kearney、日清食品ホールディングス株式会社を経て、2018年にボストン コンサルティング グループ(以下BCG)に入社。日清食品ホールディングスでは経営企画部長、日清シンガポール社長/アジア総代表などを務めた。 BCG消費財・流通・運輸グループ、マーケティング・営業・プライシンググループ、グローバル化戦略のコア・メンバー。消費財、ファッション等の業界に対し、マーケティング・営業戦略、新興国を含む海外進出戦略、新規事業、デジタル・トランスフォーメーション、M&Aによる事業拡大などのプロジェクトを手掛けている。

1.「日本の産業・経済を強くしたい」思いを持ってコンサルへ
2.プロジェクト数が圧倒的に多いBCGだからこそ身に付く高い専門性
3.新型コロナによる変化は新たな機会。変わりゆくクライアントのニーズに応える
4.デジタルもグローバルアセットも最大限活用するプロジェクト
5.1人ひとりが強みに特化し、“Best of BCG”を提供する
6.強みや価値観、経験のダイバーシティがBCGを強くする

vol.6 自らの手で新たな産業を創る。
社会的使命を背負うファームでしか得られないコンサルティングの醍醐味

話し手:山本 雄一朗 さん

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
戦略コンサルティング部 兼 イノベーション&インキュベーション部
ディレクター

東京大学経済学部経営学科卒業
大学在学時に大手IT企業にて事業企画を経験し、新卒で大手情報通信企業に入社。その後、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社に中途採用で入社。

1.圧倒的な当事者意識と使命感に導かれて選んだコンサルティングファーム
2.若い力と専門性が産業創造を加速させるMURC独自の環境
3.日本や産業を主語に置くからこそ導き出せる、独自の解決策
4.強みはMUFGグループの豊富なアセットを活かし、複数ソリューションを組み合せたアプローチ
5.視座の高さと真に迫る想いが、コンサルタントとしての信頼を生む
6.コンサルティングを経験して気づいた、3つの大事な素養
7.新たなコンサルティングの形を追求する最良の場としてのMURC

vol.7 平成に取り残されるコンサルタント、令和に活躍するコンサルタント

話し手:福田 稔 さん

株式会社ローランド・ベルガー
パートナー

慶應義塾大学商学部卒、欧州IESEビジネススクール経営学修士(MBA)、米国ノースウェスタン大学ケロッグビジネススクールMBA exchange program修了。電通国際情報サービスにてシステムデザインやソフトウェア企画業務に従事した後、ローランド・ベルガーに参画。東京オフィスの消費財・流通プラクティスのリーダーを務める。経済産業省「服づくり4.0」をプロデュースし、ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS 2017「クリエイティブイノベーション部門」ゴールド賞受賞。また、PEファンドの支援を通じた消費財企業に対する投資・再生支援実績は業界トップクラス。シタテル株式会社や株式会社IMCFの社外取締役を務めるなど、業界の革新を促すスタートアップ企業に対する支援も行っている。

1.「VUCA」時代におけるディスラプター企業の存在
2.なぜ、経済におけるゲームのルールが変わってしまったのか
3.コンサルタントがコモディティ化する時代
4.“令和のキャリア”を選択する上で必要なマインドセット
5.ローランド・ベルガーだから実現できる、新時代のコンサルティング

vol.8 尖った個性とそれを許容するカルチャーが、唯一無二の提案と選ばれるコンサルタントを生む

話し手:中川 健太 さん

A.T. カーニー株式会社
アソシエイト

2018年にBrown Universityを卒業後、A.T. カーニー株式会社に新卒入社。2020年1月にアソシエイトにプロモーションする。消費財・小売業界を中心に多数のプロジェクトを経験し、事業横断での全社戦略、マーケティング戦略、新規事業立ち上げ支援などに携わる。

1.自らの好奇心を追求した先に選んだ、戦略コンサルタントの道
2.「日本を変える、世界が変わる」が体現できる
3. 尖った個がそれぞれのパッションを追求する環境
4.個の尊重=個人主義ではない。多様な個性が集い、許容し合うカルチャー
5.選ばれるコンサルタントに共通する、ハイレベルなアナロジー思考
6.経験を積んで変化した、コンサルティングのやりがい
7.価値の高い戦略にするためにこだわる、「目に見える成果」
8.経営者と現場の視点を行き来して、成果につながる最適解を導き出す

vol.9 社会も社員も、可能性を開花させる。BCGの若手コンサルタントが語るファームの魅力とは

話し手:若林 克弥 さん

ボストン コンサルティング グループ
Consultant

2017年に京都大学大学院工学研究科を卒業し、BCGへ新卒入社。エネルギー、保険、通信、製造といった業界の戦略策定・仕組み構築に携わる。アソシエイト、シニアアソシエイトを経て現在はコンサルタントとしてプロジェクトに従事。

1.新卒5年目のコンサルタントが語る、仕事の醍醐味
2.入社の決め手は懐の深さ。その背景にあるBCGの考え方とは
3. “Unlock the Potential”のもと社員の可能性を開花する
4.業界規模で変革をおこせる人材に。現在の目標ができた理由
5.圧倒的な規模とプレゼンスで、社会に大きな影響を与えるファーム
6.研究とコンサルティングの親和性。考えることを楽しいと思えるか?

vol.10 「元戦略コンサルタント×NRI役員」の視点から紐解く、コンサルタントに求められる価値とは

話し手:柳澤 花芽 さん

株式会社野村総合研究所
執行役員 人事・人材開発担当

1991年、NRIに新卒入社。約25年間戦略コンサルタントとして中期経営計画策定や経営管理・組織開発・風土改革・IR/財務戦略など様々な領域・テーマに精通。1999年には長女を出産し、子育てと仕事を両立。2015年に部長職に昇進し、2019年には経営役・人事部長。2021年4月に執行役員に就任し、人事・人材開発を担当。

1.様々な領域とテーマに取り組む中で、転機となったプロジェクト
2.この道25年のプロが考える、選ばれるコンサルタントの要件
3.解くべき課題に錨をおろす。役員の立場からコンサルタントに求めること
4.自由と裁量によって、全員をプロフェッショナルに育てる組織
5.母親コンサルタントが仕事と子育てを両立できた理由
6.自己と他者への成長意欲を併せ持つ人が活躍できるファーム

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!