【連載】コンサルタントの道

現役で活躍するコンサルタントに、仕事の価値観ややりがい、困難とその乗り越え方、また新卒でコンサルティング会社に入社することの意味を問う当シリーズ「コンサルタントの道」。具体的な人物にフォーカスを当てることで、コンサルタントという専門職の本質を見出し、各ファームの特長・強みを理解し、コンサルタントを目指す学生に参考にしていただければと思います。

vol.1 コンサル就職は、人生を切り開く自由へのチケット

話し手:山本浩輔さん(仮名)
新卒で日系大手事業会社勤務ののち、外資系戦略コンサルティングファームへ中途入社。“MBB”の1社でマネージャーとして活躍する現役コンサルタント。

目次
1. マネージャーはプロジェクト全体の責任を負う司令塔
2. コンサルに転職した当時は、幅広く使えるスキルを身に付けたかった
3. タフな業務で成長速く、顧客の変化に寄り添える仕事
4. 活躍しているコンサルタントには、深く広い“想像力”がある
5. コンサル就職は新しい人生を切り開く自由へのチケット
6. 「コンサルは事業会社よりも上」という勘違い

 

vol.2 タフな仕事もチームなら乗り越えられる。BCGは1人ひとりを活かすチームワークのファーム

話し手:長谷川万紀(はせがわまき)さん

ボストン コンサルティング グループ プリンシパル
東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻修士課程修了

大学院を修了後、2012年ボストン コンサルティング グループ(BCG・以下同)入社。通信・メディア・ハイテク(TMT)業界を中心に、ポートフォリオ戦略/市場調査/営業戦略/組織改革等のプロジェクトを数多く経験。新入社員向けのトレーニング担当及び日本オフィスの社内風土改革チームのメンバーでもある。

1. 研究職ではなくコンサルタントを選んだのは、多様な人々との出会いを重視したから
2. 1人ひとりの意見を重視するBCG。少数精鋭だからこそ個人の価値貢献を求める
3. 1日に複数回のミーティングなど上司の積極的な指導で、他にない成長を
4. 困ったら全社メールでヘルプ!チームプレイが当たり前の文化
5. 戦略作りだけでなく現場の営業活動も事業変革も、幅広く経験できる
6. クライアントに働きかけ、変化をもたらすこともやりがいの1つ
7. 強いプレッシャーも、チームの存在があってこそ乗り越えられる
8. 人の育成に全力でコミットするBCG、20代でスキルと経験が一気に手に入る

 

vol.3 戦略案件も再生案件も。企業の生死に寄り添い、経営の修羅場で戦う

話し手:小川 和浩(おがわかずひろ)さん

株式会社経営共創基盤 マネジャー
京都大学大学院農学修士

大学院修了後、2016年株式会社経営共創基盤(IGPI)に新卒入社。自動車メーカーの新規事業展開支援、インフラ企業の組織再編支援、傘下交通事業の経営支援とハンズオンによるPMI等に携わった後、飲料・消費財・製薬・住宅・金融業界等における営業 / マーケティング戦略策定と実行支援、製造業における再生支援等に従事。並行して、IGPIの新卒採用活動にも関与。

1.新卒4年目でマネジャー就任。現在の仕事は
2.専門性よりも幅広い知識と経験を求め、製薬企業ではなくIGPIへ
3.新規事業も再生案件も。企業の生死を左右する仕事
4.戦略を描いて終わりではない、現場と向き合う先にやりがいがある
5.心は自由であるか?自らの意志で業務に取り組む
6.コンサルタントに必要なのはメタ認知力?
7.一流のコンサルタントの役割とは?正しい方向を示すだけでは不十分
8.IGPIはビジネスの”生々しい現場”を通して”最強のジェネラリスト”になれる場所

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!