Q. コンサルには理系と文系どっちが向いていますか?

Q. コンサルには理系と文系どっちが向いていますか?

A. 理系だから向いてる、文系だから向いてないということはありません。

コンサルティングファームの選考会に行くと、必ずと言っていいほど理系の大学院生の方に出会います。彼らはその絶対数が少ないにも関わらず、コンサル会社への就職に強く、ファームによっては内定者の9割が理系院生ということもあります。また、実際に話をしたり一緒にワークをしたりすると、その優秀さに驚くことも多いです。

では、理系の大学院で鍛えられたから彼らは内定を獲得できたのでしょうか?意見がわかれる点ではあると思いますが、筆者としてはそうではないと思います。理系であり大学院生であることと、内定を得られることの間に「相関関係」は確かにあると思いますが、「因果関係」は存在しないのではないでしょうか。つまり、理系の大学院に通うことでコンサルの就活に有利な能力が身に付くということではなく、コンサル会社が欲しがる人材の多くが理系大学院へと進学しているということだと思います。

そもそも、コンサルティングファームはどのような人間を採用したいと考えているのでしょうか?各ファームによって細かな部分は異なるでしょうが、概ね共通しているのが「自分の頭で考えることのできる能力」を要求している点です。これは、「地頭が良い」とか「思考力がある」などといった言葉で表現されることもあるでしょうが、結局は考える力を重要視しているということでしょう。とすると、思考力が高い人間はそうでない人に比べて、コンサルの内定を得やすいという結論が導けそうです。

では、思考力が高い人間とはどのような人なのでしょうか?あなたの周りにも(もしくはあなた自身が)、コイツは頭がいいな!という人がいたと思いますが、だいたいそういう人は高校時代理系に進んでいませんでしたか?そういう人は多くが学校の成績も優秀であり、どの大学のどの学部に進むかの選択肢も多かったはずです。定量的ではない、実感ベースの話が続いてしまうのですが、「数学や化学などの理系科目が苦手だから文系に進んだ」という話は珍しくなく、自然と優秀層は理系に多く流れていくという構造になっているのだと思います。理系だから優秀だというわけではなく、優秀だから理系に進んだというのが実態ではないでしょうか。

さて、優秀層が理系に流れ、大学の理系学部に進学していきます。理系大学生の進路として、大学院への進学は珍しいものではありません。とはいえ、ある程度大学時代に勉強をしてきた人間でなければ大学院への進学もできません。筆者の友人のある理系東大生は、大学生活を酒とアニメとゲームに費やしほとんど勉強をしなかったため、落ちる方が難しいと言われた大学院(正確には研究室)に不合格となってしまいました。こうして理系学部の中の優秀層が大学院へと進学し、結果的に理系大学院には優秀者が集結することになります。

「コンサルには理系と文系どちらが向いていますか?」という質問に対しては、文系でも理系でも優秀なコンサルタントになれるため関係がないという答えになります。ただ、「コンサルに求められる能力を有しているのは理系と文系どちらが多いですか?」という質問に対しては、おそらく文系よりも理系の学生の方が多いだろうという答えになるでしょう。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!