アビームコンサルティングの選考/採用情報

EXE 第9期生 募集

このページでは、アビームコンサルティングの選考フローと・採用情報について簡単に紹介します。をまとめています。

「そもそもアビームから内定を得るためにはどんな試験を突破しなければならないのか?」
「アビームを受ける人ってどんな人?」
「アビームの企業研究って何をすればいいの?」

といった疑問にお答えします。

目次

選考フロー
採用時期と回数
選考の難易度
企業研究

 

選考フロー

アビームの選考は上のようなフローで行われます。特徴は、

  • テストセンターによる試験で、構造把握の問題も出題される
  • 個人ケースワークがある

といった点が挙げられます。
それぞれの選考段階における対策は個別記事をご覧ください。
※上のボックスがリンクになっております。

 

エントリーシート

過去の出題例は、以下のとおりです。

  • 大学時代にあなたが自分で考え行動し、結果(成果)を残した最も大きな経験を教えてください。※大学入学以降の経験。入学試験は除く。(200文字〜400文字)
  • あなたが一番苦労した場面と、それをどう乗り越えたのかを教えてください。※大学入学以降の経験。入学試験は除く。(200文字〜400文字)
  • アビームコンサルティングを志望する理由と、希望するコースで入社後、何を実現したいかを教えてください。(200文字〜400文字)

 

テストセンター

テストセンターによる試験となります。構造把握の問題も出題されるとのことなので、忘れず対策をしておきましょう。

 

個人ケースワーク

一つのテーマを与えられ、そのテーマに対して回答を導き出すという、いわゆるケース問題を行います。GDという名目ですが、ほとんど個人ワークです。

ケース問題に取り組む前に、「ロジックツリー」と呼ばれる思考ツールについて解説を受けます。その後、ロジックツリーを用いながら、ケース問題について制限時間15分で取り組みます。このケース問題は、(1)ロジックツリーを用いて解くこと、(2)個人ワークとして行うことという、2点において特徴があります。

 

面接

1次面接では、マネージャークラスの人との面接になります。一般的な面接で、「なぜアビームを志望するのか」「学生時代どのようなことを頑張ってきたのか」「一番苦労した経験はなにか、それをどのように乗り越えたか」といったことを聞かれます。

逆質問が求められるようなので、事前に質問を考えておくことが必要です。

また、最終面接は、プリンシパル(役員)との面接です。ここでも一般面接が行われます。

「なぜコンサルタントになりたいか」、「なぜアビームコンサルティングなのか」といったことを聞かれます。この時点で、他のコンサルティングファームではなく、アビームコンサルティングを志望する理由をしっかりと理論立てて話せるようにしておきましょう。

自己PRとは別に、志望理由のみを40分ほど聞かれるか逆質問がありました。しっかりと志望動機を深掘りをしておかないと、上手く答えられませんので準備しておきましょう。

他の外資系コンサルティングファームとは異なり、志望動機や学生時代頑張ったことを聞く一般面接の比率がかなり大きくなっています。ケース面接対策のみを行っていると苦労するでしょう。

 

通常の日系企業より早い時期に選考を開始

アビームの本選考は1月頃から開始され、本選考の募集は、第一次募集から第五次募集(※年度によって変動あり)まで行っています。そのため、19卒の就活生のES提出時期は2018年の1月から3月頃でした。またアビームでは、コース別採用を行っており、戦略コースに行きたい場合は11月頃開催される秋季インターンシップへの参加が必須になるため、注意が必要です。

 

選考の難易度

選考の倍率

アビームの採用人数は多いですが、コンサル就活生から人気であるため、志望する学生は多く倍率は高くなっています。またコース別の採用人数は発表されていませんが、インターンへの参加が必須になる戦略コースはインターン自体の募集人数が25~30名となるため、倍率が高くなることが予想されます。

 

選考を受ける学生層

アビームでは、外資コンサルファームに比べると東京大学、早稲田大学、慶應大学の割合は下がりますが、東京大学からMARCHまで幅広く採用しています。また、外資総合コンサルファームや戦略コンサルファーム受けている学生が多いことから、学生のレベルは高いことが予想されます。

 

企業研究について

アビームのようなコンサルファームは業務の性質上厳しい守秘義務があるため、情報をほとんど開示していません。とはいえ、選考過程ではアビームを志望する理由を聞かれることになります。その際にアビームでなければならない理由を説明できるようにする必要があります。本などで情報を集めることは難しいため、当サイトなどの情報サイトを活用することをオススメします。

 

企業情報

ファーム名 アビームコンサルティング株式会社
所在地 東京都千代田区丸の内1-4-1 丸の内永楽ビルディング 24階
設立年 1981年

アビームコンサルティングは、「日本発、アジア発のグローバルコンサルティングファーム」です。日本発ならではの速くて自由度の高い意思決定ができます。また、海外での就業、サービス開発の機会が多いのもアビームコンサルティングの魅力の1つです。

 

個別のセミナーや説明会

アビームでは、Webで見れる選考コース別紹介動画が用意されていたり、セミナーを開催していたりします。上の2つへの参加は必須ではありませんが、企業理解を深める機会になるので、可能であれば参加した方が良いでしょう。詳しくはアビームの公式ホームページをご覧ください。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!