アビームコンサルティングの面接

選考フロー

ES→筆記試験→GD→1次面接(幹部面接)→2次面接(役員面接)

1次面接

[形式]個人面接
[人数比]学生1:面接官1
[面接官]マネージャー(30代)
[所要時間]60分
[使用言語]日本語

詳細

自己紹介、ESに基づいた質問、逆質問があり、その後に面接官からフィードバックがあり、雰囲気は概して和やかです。
学生時代に頑張ったことについて、どんなことを意識したか、障害は何だったかというようにESの内容をかなり深く聞かれるので事前にかなり詰めておくことが大切です。
また、フィードバックでは話の内容だけでなく、態度や話し方も評価されます。

質問例

  • 学生時代に力を入れていたこと
  • 自分で考え行動して、結果を残した経験
  • 志望動機

二次面接

[形式]個人面接
[人数比]学生1:面接官1
[面接官]プリンシパル(40~50代の執行役員)
[所要時間]60~90分
[使用言語]日本語

詳細

なぜコンサルなのか、なぜアビームなのかといった志望動機に重点が置かれることが多いようです。質問をされた後、逆質問をする時間もあります。また、面接官にはプリンシパルのほかに人事も同席する場合もあります。
雰囲気としては1次と同様穏やかなことが多いですが、入社の意思の強さを見られ、指摘もより鋭くなります。
1次面接の際のフィードバックは面接官の間で共有されていると考えられるので、改善点があれば対策しておく必要があります。

質問例

  • 志望動機
  • アビームに入ったらどのようなことができると思うか
  • これまでで一番の失敗は
  • 大学での研究内容
  • 就職活動の軸

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!