Q. コンサルタントの強みってなんですか?

87651086 (コピー)_R

A. 論理的思考力、分析能力、その他たくさんあります。

まず挙げられるのが、卓越した論理的思考力でしょう。確かに、ロジカルシンキングの技法自体は近年普及し一般企業にも吸収されつつあるのが事実です。しかし、それを頭で理解するだけでなく、長年にわたって実践してきたスペシャリストとしてのコンサルタントは徹底的に地道に論理を組み立てていく能力が卓越しているのです。また、事業会社の経営者には当事者であるがゆえに見落としがちな視点もあります。様々な業界経験を持ち俯瞰的な視点から考えられる立場に有るコンサルタントは、網羅的な理詰めであらゆる可能性をあぶり出し検討し尽くすことができると言えます。

さらに分析能力に長けていることも特徴でしょう。多くのファームでは経営学の知見を活かし洗練された分析が行われています。例えばBCGであればプロダクト・ポートフォリアマネジメントという経営手法をを考案し、多くの経営者に影響を与えました。他にも例えば野村総研であればシンクタンクという背景を活かして長期的な日本経済、産業発展の見通しに強みを発揮することができます。デロイトはデータ分析を専門とするデロイト・アナリティクスを抱えており、多くのデータサイエンティストが所属しています。彼らはコンサルのスキルを併せ持つ統計学のプロフェッショナルで、中には学会で新たな統計手法を研究開発し特許を申請する研究者も所属します。アリックスパートナーズという事業再生コンサルタントでは実証ミクロ経済学の手法を用いて学術的に経営課題などを分析します。このように事業会社が持ち合わせていないスキルで価値を生み出します。

他にも様々な強みがあります。例えば、新興国への進出は言語や現地の商習慣、文化などが障壁になりますが、コンサルタントは現地での経験を活かしこれら障壁を取り除きます。

こうした様々な強みがあることを裏付けるように、コンサル業界は成長を続けています。

以上まとめると、論理的思考力や分析力などの専門性を身につけたコンサルタントは、ますます日本においてその存在感を強めていくでしょう。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!