Q. コンサルとマーケティングとの違いはなんですか?

Q. コンサルとマーケティングとの違いを教えて!

A. コンサルティングはクライアントが抱える課題を発見して解決することであり、課題解決の手段の1つとしてマーケティングがあるという関係です。

ただし、この問に対する絶対的に正しい答えはありません。上のAnswerも、あくまで1つの見解だと考えるとよいでしょう。

コンサルティングについての説明は、『そもそも「コンサルティング」って何ですか?』という記事を見ることをオススメしますが、簡単に説明すると「クライアントが抱える課題を発見して、解決案を提示すること」だといえます。それに対してマーケティングとはいったい何でしょうか?マーケティングとは、「企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。」という定義が日本マーケティング協会によりなされていますが、難しくてちょっと良くわからないですよね。簡単に言うと、マーケティングとは「顧客に価値を提供して対価を得るための戦略」だと言えます。

イメージとしては、「我が社はこの製品Xを売りたいと考えている!しかし、いったいどうすれば売れるだろうか?」という問いに対して「こうすれば売れますよ!」という回答を得られるのがマーケティングです。

一方でコンサルティングは、上の問いに対して「こうすれば売れますよ!」という回答をすることもありますが、「そもそも製品Xって作る必要がありますか?何のために製品Xを作ろうとしているのですか?」といった、製品Xをそもそも売るべきか否かにまでゼロベースで考えます。マーケティングが「何をどうやって売るか?」を扱っており、コンサルティングは「そもそもそれを売る必要はありますか?何のために売ろうとしているのですか?」までも扱っているイメージです。コンサルティングの結果、クライアント企業自身では知り得なかった真の課題に気づき、その課題をどうやって解決しようかを考える段階で、「マーケティングを行おう」「人事異動を行おう」「そもそもこの事業を廃止しよう」などといった手法が提案されます。

ケース問題やグループディスカッションの際に、マーケティングの知識をいきなり使い出す学生がいますが、まずはクライアントが抱えている真の問題を解き明かすところから始めるのがコンサルタントなのです。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!