Q. 新卒で外資コンサルに入社するキャリアは危険ですか?

Q. 新卒で外資コンサルに入社するキャリアは危険ですか?

A:新卒でコンサルに入社することで、キャリアが不安になったりはしません。

むしろ、新卒でコンサルティングファームに入社することはキャリア形成に役立つ選択だと言えます。多くの社会人の方が口を揃えて言うのは、「人間は、新卒で入った会社のやり方に染まってしまう」という経験則です。これはつまり、最初に入った会社が非効率的なやり方をするようなところであったり、意味もない古くからの慣習に囚われているような企業だったりすると、その会社に蔓延しているイケてないやり方に新入社員は染まってしまうということを意味しています。最初の会社で覚えた「仕事の進め方」は、その後の社会人としての一生を決めると言っても過言ではありません。だからこそ、最初の一社は重要なのです。

一方で、コンサルティングファームに入社すると、社内研修などで頭の使い方を徹底的に鍛えられ、実際の業務でも工夫して仕事を行う必要が出てきます。論理的に物事を考えたり、「そもそも何を目的としてこの仕事を行うのだろうか?」というように物事を根本から考えるクセがつくため、どんな業界に行ったとしても通用するスキルを磨くことが出来ます。実際、コンサルティングファームから他の事業会社へと転職し、新たな職場で活躍しているという人は多く存在します。

 

おそらく、「新卒でコンサルになるのはおすすめしない」という旨の発言をされる方は、以下の様なことを言いたいのだと思います。それは、「コンサルティングファームのクライアントは事業会社である。事業会社の抱える課題を解決するためには、コンサルタントがちゃんと事業会社のことを知っておく必要がある。実際に事業会社で働いた経験もない人間が、事業会社の経営者に対して適切なコンサルティングが出来るとは思えない。だから、まずは事業会社に新卒で就職して、事業会社内部の実情を知った上でコンサルタントに転職した方が、良いコンサルタントになれる」というものでしょう。

確かにこのような意見にも頷けるところはあります。しかし、この意見はもはや時代遅れのもだと言ってよいでしょう。昔とは違い、現在はコンサルタントも現場で事業の実行に深く関わります。あるファームは、1年を通してコンサルタントをクライアントの企業に常駐させることもあり、その場合もはやその企業の一員と言ってもよいでしょう。現場の実情を知らずに、経営トップ層にのみ抽象的なアドバイスをするという時代ではもはやありません。事業会社で働いた経験がなくとも、ちゃんと事業会社の人々に寄り添ったコンサルティング業務を行っているのが、現代のコンサルティングファームです。

 

まとめると、新卒でコンサルティングファームに入社すると、他の会社でも通用するスキルを身に付けることが出来ます。また、昔とは異なり今のコンサルティングファームでは事業会社との関わりを深く持つことが出来るため、新卒社員でも優秀なコンサルタントへと成長できるでしょう。今後のキャリアという面で考えるならば、コンサルタントは悪く無い就職先です。

 

Q. 新卒入社よりも、転職してコンサルになる方が良い?』 という記事も合わせて御覧ください。新卒でコンサルに入るべきか否かは良く議論されるテーマではありますが、無理してコンサルに行く必要もありませんし、行きたくもない事業会社に我慢して入社する必要も無いでしょう。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!