【18卒対象】コーポレイト・ディレクション(CDI)のグループディスカッション(GD)対策

コーポレイト・ディレクション(CDI)では面接の後に1DAYのジョブ形式グループディスカッション(GD)が行われます。長時間に及ぶため、しっかり対策していかないとぼろが出てしまいます。このページを参考にして、綿密に準備して臨みましょう。

 

選考フロー

ES→筆記試験→一次面接→グループディスカッション(GD)

 

グループディスカッション詳細

[人数]学生4~5人: 面接官2人

[所要時間] 1日

面接の次は1DAYのジョブ形式のGDが行われることが多いです。テーマは年度ごとに異なりますが、例えば

  • 外国で事業を創業するとしたらどうするか
  • 実際の企業を例に経営課題の洗い出しとその改善策の提案

などで、企業や国は具体的に指定されます。社員の方にアドバイスをもらいながら、最終プレゼンに向けて準備していく形式となります。プレゼンは5分間で、最後に質疑応答が15分あります。ここでも面接の場合と同様、社員の方は穏やかで圧迫されているような雰囲気ではありません。しかし、グループとしての議論の流れはしっかりチェックされているので、論理的なプロセスで答えを出すということを心がけてください。

このGDをパスすると内定となります。

またGDの対策としてはこちらのコンサル向けGD対策ページも参考にしてください。

 

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!