【18卒対象】野村総合研究所(NRI)のグループディスカッション対策

場合によっては一次面接の後でグループディスカッション(GD)があります。

他人の意見をしっかり聞き、自分の意見をちゃんと主張するコミュニケーション能力や資料のデータから情報を読み解く分析能力など、コンサルタントとして必要な能力を持っているかが見られていますので、GD対策をじっくりした上で臨むようにしましょう。

 

選考フロー

一次面接→グループディスカッション(GD)→二次面接→三次面接→四次面接→五次面接

 

グループディスカッション詳細

NRIのGDは学生6人に対して社員2名という構成で行われることが多いです。所要時間は1時間ほどで、6人全員で1グループとして取り組むことになります。テーマは

  • ある企業の経営課題を資料から読みとり、その解決策を提案する
  • いくつかの会社についての資料が渡されて、M&Aするならどこの会社がよいか選ぶ

などビジネスに関連した本格的なものが多いです。

GD対策についてはこちらのグループディスカッション(GD)対策ページを参考にしていただきたいと思いますが、NRIのような会社では周りの学生のレベルも高いものになるので、場数を踏んで入念な対策をする必要があります。

 

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!