【19卒対象】ベイカレント・コンサルティングの面接対策

このページではベイカレント・コンサルティングの面接情報についてまとめています。

ベイカレントではそこまで特殊なことを聞かれるわけではありませんが、一つひとつの質問がしつこく深堀りされるので、事前に入念に準備しておきましょう。

 

選考フロー

 

面接詳細

一次面接

形式

個人

 

人数

学生1人:面接官1人

 

面接官

人事部

 

所要時間

60分

 

詳細

やや圧迫気味の面接になる可能性が高いです。底の浅い回答をすると容赦なく突っ込まれます。聞かれそうな質問に関しては、自分なりにきちんと深堀りしたうえで面接に臨むようにしましょう。

よく聞かれる内容としては

  • 学生時代に頑張ったこと
  • 自分の強み・弱みは何か
  • なぜコンサル志望なのか
  • なぜベイカレ志望なのか

などの一般的なものが多いです。その分準備はしやすいので、入念に対策しておきましょう。

 

二次面接

形式

個人

 

人数

学生1人:面接官1~2人

 

面接官

人事、営業

 

所要時間

60分

 

詳細

二次面接では、それほど圧迫されないケースから、一次に引き続き圧迫される場合までさまざまです。また人によってはフェルミ推定が課される場合があるので、特にフェルミ推定についてはいつ聞かれてもいいように準備しておきましょう。

フェルミ推定の昨年度のお題は

  • 日本におけるマクドナルドの一日の売り上げを推定せよ

などでした。面接における質問は一次同様ありきたりなものが多いので、一次でされた深堀り等も含め、再度自分で対策しておきましょう。

 

最終面接

形式

個人

 

人数

学生1人:面接官1人

 

面接官

人事部長

 

所要時間

60分

 

詳細

最終面接はこれまでと打って変わって和やかな雰囲気で行われます。内容も、ベイカレント社についての説明や逆質問が多くなっています。落とすためというよりは最終的な意思確認のためにベイカレントについてもっと知ってもらおうという姿勢のようです。そのため、面接の際は慌てずに自分の聞きたかったことを質問するとよいでしょう。

エグゼ外コンバナー

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!