【19卒対象】ベイカレント・コンサルティングの筆記試験・Webテスト対策

このページではベイカレント・コンサルティング(ベイカレント)の筆記試験・Webテストについてまとめています。ベイカレントの筆記試験の特徴は、時事問題が出題されるところでしょう。入念な対策が必要です。

 

筆記試験の概要

ベイカレントでは、論文形式の筆記試験とPC上でのWebテストを受けることになります。論述は時事問題について自分の意見を述べるもので、WebテストはSPI形式です。

以下で項目ごとに分けて解説します。

 

課される試験

テストセンター ×
Webテスト ○
筆記試験 ○

 

詳細

[形式]
Webテスト(言語/非言語) 40分

[対策方法]
一般的なSPIのWebテストです。一問一問を速く、正確に解くことが求められるので、事前の対策が必須です。SPI対策については個別ページを設けていますので、こちらのSPI対策ページを参照してください。
また、Webテスト対策についてはこちらのWebテスト対策ページを参照してください。

 
[形式]
論述試験 10分

[対策方法]
論述試験は、前述したとおり時事問題に対する自分の考えを述べるものです。たとえば2016卒向けには

  • ホワイトカラーエグゼンプションについてどう思うか

という問題が出されました。日ごろからニュース等に触れておくことが大切です。ただし、ただ知識としてニュースを吸収するだけではなく、それぞれの問題に対して自分で考察する癖もつけておくことをおすすめします。

 
Webテスト・筆記試験情報については、【保存版】有名コンサル19社のWebテスト・筆記試験対策まとめでもまとめてありますので、こちらも参考にしてください。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!