【21卒対象】ドリームインキュベータ(DI)の面接対策

このページでは、ドリームインキュベータの面接について紹介します。DIでは三次のGDと同日に面接があります。また、ジョブの後に優秀者のみ役員面接と社長面接が行われ、内定となります。

 

面接(インターン選考)

形式

一般面接

学生:面接官の数、面接官の年代

1:1
採用担当の社員、または人事の社員。

所要時間

10分程度

使用言語

日本語

詳細

三次のグループディスカッションのあとすぐに、一人ずつ呼ばれて全員行われます。全体に穏やかな雰囲気です。

質問例

なぜインターンを受けているのか
趣味や特技など

 

一次面接(本選考)

形式

役員面接

学生:面接官の数、面接官の年代

1:2
役員と人事の方が出てきます。

所要時間

40分

使用言語

日本語

詳細

ジョブが終わると、優秀者のみ面接に招待されます。一般面接と逆質問という構成で、志望動機などを聞かれる一般的な面接です。
かなり長い時間を逆質問に割かれた人も多いようなので、聞きたいことを準備しておくことが無難です。

質問例

インターンの感想
なぜコンサルタントになりたいのか
なぜDIを志望するのか
他にどのような業界を見ているのか
他にどのような会社のインターンに参加したか

 

最終面接(本選考)

形式

社長面接

学生:面接官の数、面接官の年代

1:1~2

所要時間

40分

使用言語

日本語

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!