ドリームインキュベータ(DI)の選考/採用情報

EXE 第9期生 募集

このページでは、ドリームインキュベータ(DI)の選考フローと採用情報について簡単に紹介します。

「そもそもDIから内定を得るためにはどんな試験を突破しなければならないのか?」
「DIを受ける人ってどんな人?」
「DIの企業研究って何をすればいいの?」

といった疑問にお答えします。

目次

選考フロー
採用時期と回数
選考の難易度
企業研究

 

選考フロー

DIの選考の特徴は
・ケース面接が行われないこと
・グループディスカッション(GD)が3回行われること
だと言えるでしょう。
コンサルティングファームの面接ではケース面接が出題されることが多いです。しかしDIの面接においては出題されません。これはDIの面接がネガティブチェック・志望度・カルチャーフィットをみるために行われているためであると推測できます。
しかしながら、論理的思考力を求めていない訳ではありません。それは3回に渡って徹底的に行われるGD選考が証拠となっています。しっかりと対策を進めましょう。
※上のボックスがリンクになっております。

 

選考フロー詳細

エントリーシートは極めて短いものが3つ(100字,200字,100字)出題されます。このエントリーシートは絞り込みの材料というよりは、面接やジョブ中に行われる面談の材料として使われるそうです。極端に”変な”ESを書かなければ落とされることはまずないと考えていいでしょう。
次の筆記試験ではある程度絞り込みが行われるそうです。しかし、出題されるのはSPIであること、他の戦略ファームに比べるとボーダーがそこまで高くないことを考えると、特別な対策が必要な訳ではありません。
本格的に対策すべきはGDです。形式や過去のテーマ例などはドリームインキュベータ(DI)のグループディスカッション対策をご覧ください。一般的なGDの対策方法については【4つの原則】コンサルのグループディスカッション対策法をご覧ください。
その後ネガティブチェックのために行われる面接を通過するとジョブに参加できます。このジョブは外資の登竜門と言われているほどハイレベルなものなので、ぜひとも経験すべきものでしょう。
ジョブを通過するとカルチャーフィットや志望動機をみるための面接が数回行われ、内定となります。

 

採用時期と回数

選考は3日間のジョブによって行われており、夏期と春期の2回です。
内定獲得のためにはジョブへの参加が不可欠なので、くれぐれも選考時期は見逃さないようにしましょう。
例年、夏期は6月ごろ、春期は3月ごろにエントリーシートの締め切りが設定されています。今年の情報は選考カレンダー、または企業HPをご確認ください。

 

選考の難易度

選考を受ける学生のレベルは

過去に採用されている新卒の出身大学は、東大・京大・慶応・東京工業大・早稲田・一橋・カリフォルニア大学です。なお、選考を受ける学生は文系・理系どちらもいるようです。
また前述のように、「外資の登竜門」と言われているので、かなりレベルの高い学生が受けに来ます。

採用人数と選考の倍率

基本的に中途採用が主ですが、2004年卒から新卒採用を始めています。過去17年間での新卒採用人数は62名です。つまり、各年の採用人数は平均3~4名程度ということになります。その採用枠に対して先に述べたような高学歴の学生が多くエントリーしますので、難易度は極めて高いといえるでしょう。

選考の際に要求される英語力

選考はジョブプログラムを通して行われます。ジョブの内容は一般的なインターンと同様、実在の企業や社会課題をテーマに情報分析・戦略策定等を行って幹部にプレゼンテーションするというものです。また面接において英語力を問われたという話もありません。したがって選考において英語力を求められることはないでしょう。

公式HPにも、入社後には必要になるが、採用における必要要件にはしていない旨が書いてあります。

…逆説的ですが、東京出自のファームがゆえに、BPに求められるグローバル性は外資系ファームよりも高いと言えます。なお、キャリアパスの観点では、現在の海外オフィスへの長期出張・駐在に加え、新拠点の設立・マネジメントなど、海外で活躍する機会は増加・多様化の一途を辿っています。語学スキルは入社時の必要要件ではありませんが、英語・中国語・ベトナム語等については、語学研修支援制度を活用したスキルアップの機会が整備されています。(出典:公式HP>採用FAQ

 

企業研究について

他のコンサルファームと同様、企業ホームページなどから事業の詳細を知ることは難しいですが、面接の前にジョブを通じて業務理解や社員との交流もできますので、そこでのコミュニケーションを意識的に行っていれば知りたい情報は得られるでしょう。ジョブ参加前に志望動機を聞かれるのは、GD後の5~10分間の面接のみです。極めて短い時間で実施されるためここで志望動機を深堀りされることは少なく、本格的に志望動機の確認があるのはジョブ後の面接だと考えていいでしょう。

企業情報

ファーム名 ドリームインキュベータ
所在地 東京都千代田区霞が関3-2-6 東京倶楽部ビルディング4F
設立年 2000年

ドリームインキュベータ(DI)は、2000年に東京で設立された日系コンサルティング会社です。「日本発の事業・産業育成集団」として、ボストン コンサルティング グループ(BCG)の日本代表を務めていた堀紘一氏が中心となって設立した会社です。

DIでは、創業以来、主に大企業向けに戦略コンサルティングサービスを提供しており、社会を変える「ビジネスプロデュース」をテーマに、短期的な業務改善ではなく、次世代の「柱」を創るような事業創造や成長戦略の案件を中心に担っています。そのため業界自体を変える意志・問題意識をもつリーディングカンパニーとの案件が60%を占めています。

数ある戦略ファームの中で、(1)領域を絞らない「業界横断型アプローチ」と、(2)「インキュベーション事業との連携・シナジー」の2点が同社の突出した特徴であり、強みとなっています。

 

個別のセミナーや説明会

DIでは例年、選考の1カ月ほど前の時期に会社説明会を実施しています。

 
 
 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!