【18卒対象】EYアドバイザリーのインターン/ジョブ対策まとめ

このページでは、EYアドバイザリーの選考情報とその対策について紹介します。
EYアドバイザリーは、世界的に有名なコンサルティングファームであり、世界150カ国以上に約19万名のスタッフを有するアーンスト・アンド・ヤングのメンバーファームです。会計事務所傘下の総合系ファームとして、デロイトトーマツコンサルティング、プライスウォーターハウスクーパース、KPMGコンサルティングと同じ系統のファームです。グローバルファームの1つでありながら日本オフィスが非常に重視されている傾向にあり。全世界を4つの地域に分けているEYグループの中で唯一の1国1地域なっています。また日本での提携会計事務所が監査収入として日本1位の新日本有限責任監査法人であるためにそこからの業務以来も多く、その点もファームとしての強みとなっています。

ES

履歴書のような形式のexcelのファイルが説明会の前に予めメールで配布されます。このファイルを 印刷して、説明会の日に持ってくるように指示されます。

質問項目

  • あなたの仕事観
  • あなたの人生観
  • あなたの就活観

説明会・筆記試験・GD

 

霞が関の本社オフィスで行われます。前半でまず会社の説明会と質問タイムがあり、後半で選考が行われます。選考は更に筆記試験とGDに分かれていて、筆記試験はGMATのCritical Reasoningと数値計算です。難易度はコンサルの並程度です。GDも一般的なものでしたが、ここまでの段階で選抜が行われていないため、正直に言ってコンサルには珍しいレベルの学生が時々います。そういった人と同じグループになってしまっても、気にせず進めると良いでしょう。(詳しくはコチラの対策参照)社員の方は参加してこず、軽く事後フィードバックがある程度です。

GDのお題
「ユニクロに勝つブランドを作れ。」

 

1次面接

本社オフィスで行われます。担当コンサルタントの方と1対1 で行われる一般的な面接。若手の社員の方との面接で、雰囲気は和やかです。所要時間は1時間程度となっています。。

  • 質問内容
  • なぜコンサルか
  • なぜEYか
  • 他社の選考状況
  • 入社したら何をしたいか
  • ITにも興味あるか

2次面接

2次面接もあまり1次と変わりませんが、 担当する面接官がパートナーの方になります。

質問内容

  • 志望動機
  • ITに興味があるか
  • 他のファームとEYの違いは
  • 英語はできるか

 

以上が選考対策となります。EYアドバイザリーも、デロイトトーマツコンサルティングと同様に近年多くの新卒採用を行っているファームです。内定を得られるチャンスは大きいので、しっかりと対策をして選考に臨みましょう。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!