Q.コンサルティングファームのトレーニングってどんなの?

Q.コンサルティングファームのトレーニングってどんなの?

A.様々な形で、トレーニングが用意されています。

コンサルティングファームでは様々なトレーニング制度が用意されています。例えば、多くのファームでは入社後に社会人としてのマナー等を学ぶ新人研修を行います。特徴的なのは、グローバルファームであれば全世界で採用された新入社員を集めて合同研修を行うところもあることです。こういった研修は大抵、アメリカ等の海外オフィス(本社)で行われることが多いため、入社していきなり3ヶ月間海外研修、といった日系企業にはない体験をすることもできます。

 

新人研修後については、OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)が中心です。若手コンサルタントの仕事は、研修の中というよりは実際に仕事をしていく中で身についていくと考えて良いでしょう。しかし、これは研修制度が充実していないという意味ではなく、語学研修・資格習得サポート等が充実しているファームがほとんどです。つまり、実際にコンサルタントという職業は、1つ1つのプロジェクトの合間に固まった休暇を取れることがあり、その時間を集中して研修に当て、自己研鑚に励む人も多いです。

 

研修例(Bain&Company, 2016年卒)

  • 東京オフィスでの1~2週間の導入プログラム、及びグローバルでのトレーニング
  • アソシエイトコンサルタント・トレーニング(米・ケープコッド、バージニア等にて開催)
  • シニアアソシエイトコンサルタント・トレーニング(タイ・プーケット、メキシコ・カンクン等にて開催)
  • コンサルタント・トレーニング(米・マイアミ、カナダ・モントリオール等にて開催)
  • シニアコンサルタント・トレーニング(米・カリフォルニアにて開催)
  • マネージャー・トレーニング(スペイン・バルセロナ、米・マイアミ等にて開催)
  • その他、語学研修等の多彩な国内トレーニング

(出典: http://www.bain.com/offices/tokyo/ja/careers/professional-development/training.aspx)

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!