Q. コンサルタントの一日のスケジュール例を教えて下さい

87791326_RA. 状況により大きく変動しますが、なるべく平均的なスケジュールを紹介します。

スケジュールに行く前に、コンサルタントはプロジェクト次第で大きく忙しさが変わることを理解しておきましょう。例えば、プロジェクトの終盤でクライアントに提案書を提出した後に、予想外のダメ出しを食らってしまい、期限が迫っているとなれば徹夜することもあるでしょう。逆に、プロジェクトが終了して次のプロジェクトまでの間は時間があるので、ここで有給をとって一週間ほど休暇を楽しむコンサルタントも少なく無いです。人によっては1年分の有給を使って一ヶ月旅行に出かける人もいるみたいです。

このように変動が激しいですが、基本的には毎日やるべきことは決まっていて、それが終われば帰宅するのが通常です。そこで大体平均的な戦略系コンサルのスケジュールを紹介します。
10時 出社・メール確認
11時 上司と会議
12時 上司と昼食、資料作成
13時 クライアントの会社でヒアリング
17時 社内で今後の方針について打ち合わせ
18時 資料作成
20時 ヒアリングを兼ねてクライアントと夕食
21時 ヒアリングを元に資料作成
24時 上司と打ち合わせ
1時  帰宅準備
1時半 帰宅

このように、かなりの忙しさであることは間違いないでしょう。主な業務は情報収集・分析、ヒアリング、ミーティング、資料作成などです。多くのコンサルタントは会社から10分などの近場に住むことで移動時間を節約しているようです。上記のモデルで言えば、7時間ほどの睡眠は確保できるでしょう。

今回紹介したスケジュールはあくまで一つの例であり、企業や上司ごとに違いがあるので、一概には言えませんが、大体の参考にはなると思います。より詳しい業務内容などは、以下『コンサルタントの仕事・業務の実態とは?』を参考にしてみてください。

https://factlogic.jp/column/how-consultants-work/

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!