【18卒対象】EYアドバイザリーのグループディスカッション対策

ここでは、EYアドバイザリーのグループディスカッションについてまとめていきます。EYアドバイザリーでは、一次試験において、GD(グループディスカッション)と筆記試験を同時に課されます。なので、学生のレベルにばらつきがあることを把握しておきましょう。

 

選考フロー

GD/筆記試験→一次面接→二次面接→最終面接

 

グループディスカッション(GD)

【人数】社員1人に対して7人程度

【実施場所】企業オフィス(東京)

【所要時間】約1時間

【詳細】一般的なグループディスカッションです。最初に述べましたが、足切りなど特にされていないので学生のレベルに差がありますが、しっかりと自分の役割を意識して臨みましょう。基本的に資料などの情報は与えられず、自分たちのディベートが中心になります。そして、最後に代表者1名が発表を行います。面接官からの全体に向けたフィードバックはあったが逆質問などの時間は取られていないです。

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!