【19卒対象】アーサー・D・リトル(ADL)の面接対策

このページでは、アーサー・D・リトルの選考情報とその対策について紹介します。

アーサー・D・リトルは、外資系戦略コンサルティングファームの1つです。1886年に創立された世界最古のコンサルティングファームであり、現在でも世界有数の戦略系ファームであると認められています。特徴としては、製造業のクライアントが多いことが挙げられます。これは、もともと「技術をいかにビジネスや社会に応用するか」という理念から設立されたことが理由です。また「イノベーションは現場から起こる」という信念を持ち、現場の意見をすくい取り、技術と経営の融合を目指しているファームでもあります。

 

夏インターン

日程

選考カレンダーを参照してください。

 

応募資格

学年不問

 

エントリーシート

  • 学生時代に一番力を注いで取り組んだこととその成果を説明してください。(300文字以内)
  • 世の中の一見矛盾しているとあなたが考える事例を見出し、なぜその事例が現実に成立しているのかを説明してください。(400文字以内)

などです。

ESについてより詳細は、アーサー・D・リトルのESまとめをご覧ください。

 

グループディスカッション

時期・場所

11月下旬、東京都内

 

時間

40分

 

学生:社員

6:1

 

設問例

新規ビジネスを立案せよ

 

通過連絡

約2週間後

具体的な対策方法としては、まずGDの基本的な対策記事を参照してください。また、GDにはロジカルな理論だけではなく、特有のコミュニケーション能力や対人スキルが必要とされます。こうしたスキルは実際に人と向き合って演習していくことでしか培えないので、GDの無料セミナーなどを利用して演習の機会を増やすのが定石です。

 

ケース面接(一次)

所要時間

1時間

 

質問内容

  • 大学で何していたか?
  • 頑張ったこと
  • 将来に対するキャリア
  • フェルミ推定
  • ケース問題

 

内定者の声

「面接序盤は和やかに行われていたが、ケースの時になると詰めが厳しくなった。社員さんはキレキレのコンサルタントというよりかは、人間的にも魅力的な方が多いというイメージを持った。非常に明るく、他社と比べてフレンドリーに接してくれる。」

 

ケース面接(二次)

所要時間

1時間

 

質問内容

  • 大学で行ってきたこと
  • コンサルタントとして10年後どうなっていたいか。
  • 海外経験
  • ケース問題

 

内定者の声

「一次よりもケースの割合が多くなった。また、ESに書いたエッセイの内容や、大学での研究に関する具体的な質問も増えた。1時間以上ケース面接を行うので、非常に明るく、会話を楽しむ余裕があった。」

以上ケース面接の内容を見てきました。具体的な対策方法については、個人面接対策記事をご覧ください。また、面接官とのコミュニケーションにおいては、非言語的なスキルや自分でも気づいていないような癖やマナー違反などを意識する必要がありますので、頭の中で練習するのではなくなるべく実践に近い形で練習を重ねることが望ましいです。セミナーをやっている就活支援企業のケース面接無料講座・演習を用いる人が多いので、こちらも推奨しておきます。

 

夏インターンの内容

昨年度のサマーインターンの内容について、HPの記載を以下に抜粋します。

  • 注目される業界・テーマに関する企業戦略立案
  • 作業設計、仮説構築、情報分析・仮説検証、プレゼンテーションなどのコンサルティングワーク
  • シニアスタッフとの食事会
  • ジュニアスタッフとの“ざっくばらんに語り合える”座談会
  • 今後の成長や進路選択のための個別フィードバック

出典 アーサー・D・リトル・ジャパン株式会社HP
http://www.adlittle.jp/2712.html

上記からもわかるように、実施するワークは企業に対する経営戦略の立案です。仮説を立て、それを検証していくというやり方を取るため、事前に仮説思考に慣れておいた方がよいでしょう。また、シニアスタッフとの食事会や座談会があるため、事前に質問内容や話のネタなどを用意しておくとスムーズです。

ADLはそもそも5~10人と採用人数が少ないため、サマーインターンであっても内定者は5名ほどしか出ないと考えられます。

 

冬インターン

日程

選考カレンダーを参照してください。

 

冬インターンの内容

  • グループワークによるケース課題
    注目される業界トレンドを捉えたテーマに関する、企業への戦略立案を体験
    仮説構築・検証のための作業設計、情報分析、チーム議論など、コンサルタントが日々行う多様な思考・行動プロセスを、社員のサポートのもと学生主体にて実施
    最終日には社員へのプレゼンテーションを予定

  • 懇親会
    食事会を通し、学生・社員お互いのONとOFFをざっくばらんに語れる機会を準備

出典 アーサー・D・リトル・ジャパン株式会社HP
http://www.adlittle.jp/2712.html

スタークス

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!