EYアドバイザリーの面接

このページでは、EYアドバイザリーの面接について紹介します。 EYアドバイザリーの選考では、内定までに一次面接と二次面接を通過しなければなりません。

一次面接

形式

一般面接

 

学生:面接官の数、面接官の年代

1:1。30代の方。役職はコンサルタント

 

所要時間

一般面接 40分

 

使用言語

日本語

 

詳細

霞が関にある本社オフィスで行われます。一回の面接日程あたり3人ほどの学生がオフィスで待たされ、その後個別の部屋に案内されます。部屋では担当コンサルタントの方と1対1 で一般的な面接が行われます。ケース面接はありません。中堅の社員の方との面接で、雰囲気は和やかです。所要時間は40分から1時間程度となっています。

一般面接の質問例

「なぜコンサルか?」
「なぜEYか?」
「他社の選考状況は?」
「入社したら何をしたいか」
「ITにも興味あるか」

 

二次面接

 

形式

一般面接

 

学生:面接官の数、面接官の年代

1:1。40代後半の方。役職はパートナー。

 

所要時間

一般面接 30分

 

使用言語

日本語

 

詳細

1次面接を通過すると数週間後に2次面接が行われます。1次面接と場所や形式は同様であり、一般面接です。ただし面接官は年配の方になっており、かなり上の役職の方であることが伺えました。一次に比べると入社意思を確かめる意味合いもあってか、少しだけ堅い雰囲気でした。この面接を通過すると内定が決まります。

 

一般面接の質問例

「将来のキャリアビジョンは?」
「ITに興味はありますか?」
「他のファームと比べてうちをなぜ選びますか?」
「英語はできますか?」

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!