EYアドバイザリーのESまとめ

このページではアーンスト・アンド・ヤング(EYアドバイザリー)のESについてまとめています。

提出期限

3月(本選考)

過去問

設問別にファームが見ている点は以下のように分類されます。この分類に関する詳しい説明は【保存版】コンサルファームで頻出の5つのES設問タイプと対策をご覧ください。

(a) 志望動機系(見られている点:熱意、情報収集能力)

(b) 過去の経験系(見られている点:コミュニケーション能力、リーダーシップなど一般的な資質)

(c) 未来目標系(見られている点:大局観、未来志向、社会貢献性)
(d) 価値観系(見られている点:個性的か、コンサルタント適性があるか)

(e) その他(長所・研究内容)

以下設問の横にどのような点を見るものかを載せておくので参考にしてください。

2016年卒

  • 就活観を教えてください。(d)
  • キャリア観を教えてください。(d)
  • 人生観について教えてください。(d)

2015年卒

  • 就活観を教えてください。(d)
  • キャリア観を教えてください。(d)
  • 人生観について教えてください。(d)

以上、ESの過去問についてまとめましたが、他の選考プロセス(グループディスカッションやケース面接など)や、企業の特徴などの情報については、企業別情報まとめを御覧ください。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!