【18卒対象】プライスウォーターハウスクーパース(PwC)のインターン/ジョブ対策まとめ

ここでは、プライスウォーターハウスクーパースの選考・採用情報とその対策を紹介しています。プライスウォーターハウスクーパースは、世界的に有名なコンサルティングファームであり、世界157カ国に184,000名のスタッフを有します。PwCは世界4大会計事務所のひとつでもあります。

 

ES

設問としては一般的なものが多いです。字数も少なく、短時間で書き上げられるでしょう。また選考時期によっても設問が変わる傾向があります。

【設問例】

  1.  あなたが目標として思い描く5年後の御自身の姿、及びそれを実現する過程で、戦略コンサルティングに興味を持ち志望した理由を教えてください。(200文字以内)
  2. あなたがご自身の強みを生かして問題を解決し、成果を出された経験を説明してください。 (300 文字以内)

ESについては、プライスウォーターハウスクーパースのESまとめを御覧ください。

 

GD

グループディスカッションは一般的です。人数は学生5~6人に対して1人の若手コンサルタントの面接官がつくという形です。時間は30分程度で、テーマを元に自由に議論をする形式です。

【設問例】

「定員割れの大学の志願者数を増やすには」
「コミュニケーションとは何か」

具体的な対策方法としては、まずグループディスカッションの基本的な対策記事をご覧下さい。また、グループディスカッションにはロジカルな理論だけではなく、特有のコミュニケーション能力や対人スキルが必要とされます。こうしたスキルは実際に人と向き合って演習していくことでしか培えないので、グループディスカッションの無料セミナーなどを利用して演習の機会を増やすのが定石です。

 

ジョブ(インターン)

GDの通過者が1日〜2日のインターンに参加します。インターンは1チーム6人×6チームの計30~40人程度で行われます。各チームには、社員の方が1人ずつメンターとしてつきます。

GDのお題発表後、日中を通してGDをします。最後に各グループの結論をプレゼンします。1日でプレゼンを完成させる場合、時間が限られているため、議論のまとめやスライド作り等に苦労します。プレゼンが終わると社員の方々が協議を行い、グループの順位付けをします。ここまででインターンは終わり、その後はケータリングが出てきて、社内で打ち上げ懇親会をします。その中で順位(3位まで)が発表され、商品も出ます。打ち上げの間に個人フィードバックも行われます。

お題の例
「レストランAが海外進出を検討している。進出先はどこの国が良いか」

 

個人面接

 

1次面接

ジョブに参加したメンバーのうち、高評価だった人のみが1次面接に進むことになります。ジョブから1次面接へと進む、この段階でかなり絞られています。1次面接ではマネージャークラスの人と1:1の面接を行います。時間は30分程度で、非常にオーソドックスな形と質問内容です。しかし、英語面接を課す場合もあるという噂もあります。英語力の有無が大きな評価ポイントではないと思われますが、本番で動揺しないためにも直前に対策をしておくとよいでしょう。

  • なぜコンサルタントになりたいのか?
  • なぜうちのファームを選んだ?
  • 大学での研究テーマは何?
  • チームで何かした経験はある?
  • 計画を立てて実行した経験はある?

 

2次面接

この面接は選考というよりは意思確認という感じです。パートナーの方と1時間程度面接することになるのですが、実際には選考というよりは雑談が主で、志望動機をもう一度確認する程度の質問しかありません。この2次面談の中でパートナーが最終判断を下すようです。合格した人は人事面談に進み、内定の通知方法などを話し合います。

 

 

インターン選考フロー

 

ES提出→Webテスト受験→インターン参加

インターン参加後、優秀者のみ個別面接に進めます。

 

インターン(ジョブ)内容

インターン内容については、HPの記載を以下に抜粋します。

 

問題解決のシミュレーションを通じて、実際にコンサルティングの現場を疑似体験して頂きます。また、現場で活躍するコンサルタントとともに、コンサルタントに必要不可欠なスキルを学んで頂きます。みなさんにPwCについて知って頂くだけではなく、コンサルタントの仕事を体験することで、より具体的なイメージを持っていただけるプログラムです。

 

インターンの日時と申込締切日

【日程】

10月インターンシップ 9月26日(土)※申込終了

11月インターンシップ 10月25日(火)~12:00

12月インターンシップ(大阪開催) 【随時更新】

※既にいずれかのインターンシップに応募した方は、インターンシップに応募することは出来ません。

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!