ベイン・アンド・カンパニーの選考/採用情報

このページでは、ベイン・アンド・カンパニーの選考フローと採用情報について簡単に紹介します。

「そもそもベインから内定を得るためにはどんな試験を突破しなければならないのか?」
「ベインを受ける人ってどんな人?」
「ベインの企業研究って何をすればいいの?」

といった疑問にお答えします。

目次

選考フロー
採用時期と回数
選考の難易度
企業研究

 

選考フロー

 
ベインの選考は上のようなフローで行われます。特徴は、
・グループディスカッション(GD)の選考が行われない
・インターン(ジョブ)への参加が内定に不可欠である
といった点が挙げられます。
それぞれの選考段階における対策は個別記事をご覧ください。
※上のボックスがリンクになっております。

 

選考フロー詳細

ベインの選考では、「インターン」という数日間のグループワークを通して学生の評価を行います。ここでいうインターンとは、「ジョブ」と同じ意味だと考えてください。

3日間にわたって学生が企業に集まり、社員から与えられたテーマに基づき議論を行い、最終日には議論の成果を発表するといったプログラムが、よくある一般的なインターンです。たとえば、「A社の経営状況が悪化している。与えられた資料をもとに、その原因を究明して改善策を提案せよ。期限は2日後の15時だ」という課題を社員から与えられ、5人ほどのチームで課題に取り組みます。社員は、学生たちがその課題へ取組む様子を数日間にわたってチェックし、評価します。ここで高評価を得た学生が、内定を勝ち取ることになります。
課題について、実地調査などは求められず、原則インターンプログラムで学んだ分析手法を中心に分析を行い、最終的に役員クラスの社員の前でプレゼンテーションを行います。コンサルタントとしての能力適性だけでなく、チームで結果を出せるか等カルチャーフィットの観点からも評価が下されます。

インターンで高い評価を得ることは内定に不可欠ですが、まずはインターンに「参加する権利」を手に入れなければなりません。そのためには、ESの提出や筆記試験の通過といった、一般的な日系企業が課しているような選考をパスしなければなりません(※筆記試験の内容は、ベインがオリジナルに作った特殊なものです)。

筆記試験が通過した後に待っているのは、「ケース面接」という特殊な選考です。日系企業の選考ではまず出てこない形式の問題なので、個別の対策が必要となります。ケース面接や一般面接を複数回こなした上で、優秀者のみが「インターンへの参加権」を手に入れることができます。
>参考:ケース問題集 ベイン・アンド・カンパニー編 vol.1

  • 「ケース面接」という言葉に馴染みのない人は、『どうすればコンサルタントになれますか?』に書かれている、ケース面接やフェルミ推定についての解説を参照してください。
  • ケース面接について知ってはいるが、さらなる上達方法を知りたいという方は、『フェルミ推定やケース問題ができるようには?』という記事で訓練方法やおすすめの本などを紹介しているので、参考にしてください。また、面接官とのコミュニケーションにおいては非言語スキルや自分でも気づいていないような癖やマナー違反などを意識する必要があるので、頭の中で練習するのではなく、なるべく実践に近い形で練習を重ねることが望ましいです。セミナーを実施している就活支援企業のケース面接無料講座・演習を用いる人が多いので、こちらも推奨します。
  • 各選考について、対策にどれくらい時間がかかるのかについては『コンサルの選考対策にどれくらい時間がかかりますか?』にて、ケース面接やフェルミ推定の対策にかけるべき時間や、いつごろから対策をすれば良いのかを解説しています。
  • またベインは面接についての詳細な説明を公式ホームページで行なっています。
    よりベインが求める人物像に近づくために、ぜひ参考にしてください。

     

    選考は夏・秋に2回行われる

    ベインの選考時期は、大きく分けて2つあります。

    まず、8~9月にサマーインターンが行われます。サマーインターンで採用枠は7~8割ほど埋まるようです。その後、11月頃にオータムインターンが行われ、ここでは数名の内定者が出ます。サマーインターンで埋まらなかった採用枠をオータムインターンで埋めるイメージです。
    採用状況によっては、春選考等を継続して行う場合もありますが、ベインの選考を受けようと思っている方は、夏・秋のインターンに応募するのが確実です。

     

    選考の難易度

    選考の難易度

    ベインの選考は、恐らくもっとも難しいものになります。なぜなら、ベインはBCGやマッキンゼーほどに新卒を採用しないといわれているためです。BCGもマッキンゼーも新卒は20名~30名ほど採用しますが、ベインは15~20名ほどの採用ではないかと予想されています。しかしながら「TOP3」や「MBB」と呼ばれ、就活生からの圧倒的な人気を得ていることから、学生の集中は予想されます。採用倍率はBCGやマッキンゼーよりも高くなると考えてよいでしょう。

     

    選考を受ける学生層

    ベインは、BCGやマッキンゼーといった超一流のコンサルティングファームと同列に語られるファームです。この3社を指して「TOP3」や、頭文字をとって「MBB」と呼ぶこともあり、いずれもグローバルに展開しているファームです。選考を受ける学生は、BCGとマッキンゼーも視野に入れた学生が多いため、全体的なレベルは高くなります。BCGやマッキンゼーと同様に、東大、京大、早慶、理系院生が多くひしめく激戦区となります。

     

    選考の際に要求される資格

    ベインはいわゆる外資系企業ですが、新卒採用では英語力がない人でも問題ありません。公式ホームページのFAQでも、

    英語に不安・課題のある方には(ベインで使用している英語指標をTOEIC換算すると730点程度)、今年度より入社前の海外留学プログラムを提供し、既に数人の方が米国に語学留学されることになっています。

    という記載があり、TOEIC730点以下の人でも採用することが読み取れます。したがって、英語力を示す資格が必要ではないことが分かります。

    ベインの新卒採用は、基本的に学生のポテンシャルに期待して行なうものであるため、資格の有無は考慮されないと割りきってよいでしょう。

     

    企業研究について

    ベインに限らず、コンサルティングファームの企業研究を行なうのは困難です。本で情報を集めることは難しいため、当サイトなどの情報サイトを活用することをオススメします。

     

    企業情報

    ファーム名 ベイン・アンド・カンパニー
    所在地 東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー8階
    設立年 東京オフィス:1981年(本社:1973年)

     
    ベイン・アンド・カンパニーは戦略コンサルティング・ファームの1つであり、マッキンゼー・アンド・カンパニー(Mck)、ボストン コンサルティング グループ(BCG)と並ぶ世界最高峰のコンサルティング・ファームだといわれています。前2社より遅い1973年に設立され、設立当初から徹底的な成果主義を掲げています。これはベイン・アンド・カンパニーの顧客企業が、そうでない企業に比べて非常に高い企業成長率を誇っていることなどにより証明されています。

     

    個別のセミナーや説明会

    コンサルティングファームによっては、自社で特別に開いている個別のセミナーや説明会があります。

    ベインは会社説明会を開いており、同日にコンサルタント体験ワークショップも行う場合があります。詳細に関しては、公式ホームページに記載されるのでチェックしておきましょう。

     

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!