【18卒対象】ベイン・アンド・カンパニーのインターン/ジョブ対策まとめ

このページでは、ベイン・アンド・カンパニーの選考情報とその対策について紹介します。
ベイン・アンド・カンパニーは戦略コンサルティング・ファームの1つであり、マッキンゼー・アンド・カンパニー(Mck)、ボストンコンサルティンググループ(BCG)と並ぶ世界最高峰のコンサルティング・ファームだと言われています。前2社と比べて遅めの1973年に設立され、設立当初から徹底的な成果主義を掲げています。これはベイン・アンド・カンパニーの顧客企業がそうでない企業に比べて非常に高い企業成長率を誇っていることなどにより証明されています。

ES

<設問例>
(1)あなたが目標として思い描く5年後の御自身の姿、及びそれを実現する過程で、戦略コンサルティングに興味を持ち志望した理由を教えてください。(200文字以内)
設問(2)あなたがご自身の強みを生かして問題を解決し、成果を出された経験を説明してください。 (200 文字以内)

最低限の日本語の論理性を見る程度のものと考えて良いでしょう。

過去3年分のESの設問内容については、『ベイン・アンド・カンパニーのESまとめ』というページで紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

筆記試験

大手町の大きな貸し会場で行われます。隣の人との距離が近く、また知り合いが同じ会場に複数いる人も多いようで、和やかな雰囲気でした。形式はGMATのCritical Reasoningと数値計算。オリジナル問題のようです。マーク式です。難易度はコンサルの筆記試験としてはかなり易しめであり、その分高得点が要求されるでしょう。9割以上の正解率が求められるとも。またその後、筆記テストとは別で、webテストがあります。こちらは12分で50問の簡単な計算問題に答えるもので、たいていの人は時間が足りなくなるため急いで解いたほうが良いです
GMAT対策講座はコチラ

 

面接

丸の内の本社で行われます。各回につき学生は20名ほどで、はじめ会議室のようなところで待たされます。その後順番に名前を呼ばれ、一人づつコンサルタントが待つ個室に入っていき、面接がスタートします。面接は典型なケース面接で、人によって最大4回(つまり4人と面接)行われます。1回につき30分程度かかるので、長い人だと120分程かかるようです。逆に1回で落とされ帰る人もいます。面接は架空の店舗などを想像し、その店舗の売上増加策などを考えさせられます。面接官と議論しながら進めていくという感じです。雰囲気は終始和やかでした。少し笑いを交えながら話すこともあります。コンサルタントの方は、常に他の選択肢もないかという質問に対する対応をしっかりと見ているようです。自分の考えを軽く疑問視する質問をされ、それに迎合せず論理的な判断をしているのかを見ることもあります。

より詳細には、ベインの面接まとめ記事も参照下さい。具体的な対策方法については、ケース面接・個人面接対策記事まとめを御覧ください。また、面接官とのコミュニケーションにおいては非言語的なスキルや自分でも気づいていないような癖やマナー違反などを意識する必要がありますので、頭の中で練習するのではなくなるべく実践に近い形で練習を重ねることが望ましいです。セミナーをやっている就活支援企業のケース面接無料講座・演習を用いる人が多いので、こちらも推奨しておきます。

その後ジョブが行われ、ジョブの中から1~2割がそのまま内定します。

 

サマーインターンの日程や内容

■ インターンの日時と応募締切日

【開催日程】
8/17(水)-8/19(金)

【場所】
ベイン・アンド・カンパニー東京オフィス

【応募締切日】
7/3(日)
 

■ インターン(ジョブ)の内容

・コンサルティングを行う上で不可欠なアプローチ手法のご紹介
・その手法を用いた実際の分析のトレーニングとプレゼンテーションの実践
・コンサルティングスタッフによるキャリアカウンセリング
・ コンサルティングスタッフとの食事会

シニアメンバーによる詳細設計・直接指導があるほか、思考のフレームワークや分析ツールを習得するためのトレーニング・プログラムを体験できます。

■内定者数

サマーインターンで、10名ほどの内定者が出ると考えられます。ここでの採用がメインの採用です。

 

オータムインターンの日程や内容

18卒向けのオータムインターン情報は情報が出しだい、更新します。

■ オータムインターンの日時と応募締切日

【開催日程】

【応募期間】

【募集人数】  15 名程度

 

■ インターン(ジョブ)の内容

参考までに17卒向けに実施されたインターン内容を載せておきます。

実施内容について、公式HPの記載を以下に紹介します。

———————————————————————————————————————–

企業経営における戦略的課題の解決、成果の追求に向けたベイン・アンド・カンパニーのコンサルティングの考え方、アプローチの一端を体験していただきます

東京オフィスのシニアメンバーが丁寧にプログラムを詳細設計および直接指導致します

課題の検討と解決策の立案に必要な思考のフレームワークや分析ツールの基礎を習得す

るために、弊社が力を入れているトレーニング・プログラムの一端を実際に体験していただくセッションを含みます

Open and honest, Passion for results, At cause approach, One-team

attitude といった弊社の社風、カルチャーを理解するためのコンサルティングスタッフと交流していただきます

プログラムの概要

1) コンサルティングを行う上で不可欠なアプローチ手法のご紹介

2) その手法を用いた実際の分析のトレーニングとプレゼンテーションの実践

3) コンサルティングスタッフによるキャリアカウンセリング

4) コンサルティングスタッフとの食事会、等

———————————————————————————————————————–

 

■内定者数

インターンに参加した後、「フルタイムポジション採用選考面接」という面接を受けることになります。この面接を突破すれば、内定が貰えます。つまり、内定を得るためにはインターンに行くことが必須となっていることが分かります。サマーインターンで内定を得られなかった人は、このオータムインターンがラストチャンスだと思いましょう。

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!