Q. コンサル就活の逆質問では何を聞けばいいですか?

Q. コンサル就活の逆質問では何を聞けばいいですか?

面接の終盤、面接官から放たれる「最後に何か質問ありませんか?」にどう答えていいか分からない就活生は多いと思います。

そこでここではそのような逆質問にどう答えればいいかを書きます。

まず前提として、逆質問というのは面接の最後に与えられる自分をアピールするチャンスです。そのため、しっかり準備をして臨むことが重要です。加えて、会社のサイトやOBOG訪問や面接中に得られる内容を聞くのは、会社への理解が浅く、志望度が低いのだとみなされます。

それではどのような逆質問を行えばいいのでしょうか?

逆質問の内容は以下のように分類できます。

縦軸を質問におけるテーマ、横軸は質問における自己PRポイントとします。

この場合をつけた部分の逆質問が望まれる内容です。

  スキル マインド 志望度
仕事  
展望    
環境  

例えば、仕事×スキルの逆質問だと、「御社の新卒の営業職で最も優れている方はどのような方でしょうか?」というものが考えられます。この質問をすることで、その会社ではどのような仕事ができるのかを知りたいというアピール、そしてその仕事の中でどのようなスキルが身につき、またそれがどう評価されるかを知りたいというのをアピールすることができます。

また環境×マインドの逆質問だと、「明日◯◯さんが転職するとしたら、次はどのような仕事を行いますか?」というものが考えられます。この質問をすることで、その企業でどのような能力が身につく環境かを知りたいというアピール、そして自分が成長志向マインドを持つ人間であるということをアピールすることができます。

また上にあげた、環境×マインドの逆質問は、10年程度での転職があたり前であるコンサルティングファームでは受け入れられますが、終身雇用を前提とする日系大手などでは長期で働く意欲がないとみなされてしまします。

このように逆質問では、相手がどのような資質を持った学生を欲しがっているかを知り、自分がその資質を持った学生であることをアピールするという面接官とのキャッチボールを行うイメージで臨みましょう。

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!