【18卒対象】経営共創基盤(IGPI)の筆記試験・Webテスト対策

このページでは経営共創基盤(IGPI)の筆記試験対策についてまとめています。

IGPIでは事前のES提出が必要ない代わりに、筆記試験において志望動機などが聞かれます。

そのため、やや特殊な試験となるので、このページを参考にして対策しましょう。

 

筆記試験の概要

課される試験

テストセンター ×

Webテスト    ×

筆記試験     ○

 

詳細

[形式] 会社独自のテスト

[対策方法] 

前述したとおり、筆記試験の一部で志望動機・自己PRなど、ほかの会社ならESで聞かれるようなことが聞かれます。

それ以外には簡単な計数の問題と英語の読解問題が出題されます。

事前に志望動機などについて考えておくのはもちろん、苦手意識がある場合は計数と英語の対策もしておきましょう。

計数についてはSPIの参考書などを使うとよいでしょう。英語は大学受験のような問題がでるのでその手の参考書で対策されることをお勧めします。

 

Webテスト・筆記試験情報については、【保存版】有名コンサル19社のWEBテスト・筆記試験対策まとめでまとめてありますので、こちらも参考にしてください。

 

マッキンゼー・ベイン・ADL出身、経営共創基盤(IGPI)の経営陣登壇!?

fb-igpi01

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!