【19卒対象】経営共創基盤(IGPI)のES対策

ここでは経営共創基盤(IGPI)のエントリーシートをまとめました。

提出時期などの重要情報についてはIGPI採用HP(https://www.igpi.co.jp/careers/index_shin.html)からチェックしてください。

 

ESについて

設問別にファームが見ている点は以下のように分類されます。この分類に関する詳しい説明は【保存版】コンサルファームで頻出の5つのES設問タイプと対策をご覧ください。

(a) 志望動機系(見られている点:熱意、情報収集能力)
(b) 過去の経験系(見られている点:コミュニケーション能力、リーダーシップなど一般的な資質)
(c) 未来目標系(見られている点:大局観、未来志向、社会貢献性)
(d) 価値観系(見られている点:個性的か、コンサルタント適性があるか)
(e) その他(長所・研究内容)

以下では各設問の末尾に、どのような点を見るものなのかを(a)~(e)のアルファベットで記載するので、参考にしてください。

2016年卒

  • 学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容(400字)(e)
  • 自己PR(400字)(b,d)
  • 学生時代にもっとも打ち込んだこと(400字)(b)

 
以上、経営共創基盤(IGPI)で過去に出題されたESの過去問についてまとめました。

スタークス

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!