【21卒対象】三菱総合研究所(MRI)のES対策

このページでは、三菱総合研究所(三菱総研)の本選考におけるエントリーシートの設問とその書き方についてご紹介します。

 

設問

設問別にファームが見ている点は以下のように分類されます。この分類に関する詳しい説明は【保存版】コンサルファームで頻出の5つのES設問タイプと対策をご覧ください。

(1)志望動機・希望部門
当社を志望する理由を述べてください。あわせて、上記の希望部門やご自身の興味・関心を踏まえて、入社後に取り組んでみたいテーマと、あなたがそこで果たしたい役割について述べてください。(900文字以上1100文字以下)

(2)専門分野
大学や大学院における専門分野(研究テーマ)、または最も力を入れて勉強したことについて、次の観点を織り込んで述べてください。 ①具体的内容(解り易く簡潔に) ②そのテーマを選択した背景・目的 ③独自性、自分なりの視点や工夫したこと ④その成果が社会にどのように還元できそうか (900文字以上1100文字以下)

(3)学業以外の活動について
学業以外に力を入れたこと(スポーツ、趣味、ボランティア活動等)について、次の観点を織り込んで述べてください。 ①具体的内容 ②取り組んだ背景・目的 ③あなたの役割 ④活動全体の成果(成功/失敗したこと、得られたこと)(900文字以上1100文字以下)

 

対策

(1)で志望動機、(2)で専門分野、(3)で学問以外の活動が聞かれています。いずれもESとして典型的な3種類の質問であり、内容自体に苦労することはないでしょう。しかし、文字数が多いため、各設問で指定されている観点に的確に答え、相手に伝わりやすい文章にすることを心がけましょう。さらに、以下の2点に注意することが必要です。

 

設問(1)の書き方

(1)の設問が、三菱総研に特有な設問だといえます。この設問は、自分の将来の目標をとらえ、そこから逆算してキャリアを選択できている人物なのか、未来志向があるのかといった能力が見られています。ここで選択したからと言って、必ずしもその分野の仕事を任せてもらえるわけではないそうですが、自分の将来像との整合性がある解答を用意する必要があります。しっかりと考えて解答しましょう。

 

設問(2)専門分野の答え方

三菱総研は「シンクタンク」のため、いわゆる戦略系などのコンサルティングファームと比べると、業務に研究の色合いが多く入ってきます。

そのため、今までにどの分野の研究にどのように取り組んできたか、その姿勢と研究能力はしっかりと見られています。設問の指示に従って、ただ「何を研究したか」だけでなく、そのテーマを選んだ背景・目的、独自性・工夫点、そしてどのように社会貢献につながるかを述べましょう。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!