【21卒対象】ボストン コンサルティング グループ(BCG)のインターン/ジョブ対策まとめ

このページでは、ボストン コンサルティング グループ(BCG)の選考情報とその対策について紹介します。

ボストン コンサルティング グループは、世界をリードする経営戦略コンサルティングファームの1つであり、多様な業種、市場に対してコンサルティング業務を行っています。マッキンゼー・アンド・カンパニーと並び戦略コンサルティングファームの最高峰であると目され、全世界50ヶ国、90拠点以上に約16,000人のコンサルタントを抱えています。他のコンサルティングファームや一般的な企業で利用される「プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)」などの経営コンセプトを開発してきた会社でもあります。

 

サマーインターン

日程

詳しい日程に関しては選考カレンダーを随時ご確認ください。

 

応募資格

大学3年次以上に在学中で、2020年9月~2021年8月の間に国内または海外の大学/大学院をご卒業見込みの方。学部、経験は問いません。

 

インターン選考のフロー

以上の選考フローがあり、(1)ESを突破する(2)筆記試験で高得点を取る(3)一次面接を通過する(4)二次面接を通過する という、4つの門をくぐらなければなりません。それぞれの試験の対策については、以下に紹介する個別の対策ページをご覧ください。

 

ES

設問

1.ゼミ・研究室の研究内容、貴方の卒論テーマ等をお書きください。
※ゼミ・研究室所属が未定な方は予定しているテーマをご記入ください。(50文字以内)
2.学業以外に力を入れていたことについてご記入ください。(趣味、スポーツ、サークル活動等)(100文字以内)
3.あなたの一番大事にしていることは何ですか?(200文字以内)
4.今までの人生の中で成し遂げたことで、人に話したいことは何ですか?(200文字以内)
5.一生のうちに必ず成し遂げたい夢は何ですか?(200文字以内)

解法

各設問で制限字数が短いため、コンパクトにまとめる能力が求められます。また最終面接近くでもESをもとにした質問がなされるので、本当に面接官に話したいエピソードを盛り込むのが望ましく、面接に挑む前は何を書いたか認識しておいた方がよいでしょう。

ESについての詳細は、BCGのESまとめを参考にしてみてください。

 

筆記

テストセンター形式です。問題の難易度や時間制限等は一般的ですが、ハードルは高くテストセンターで落選する人もいるため、しっかりとした対策が必要でしょう。設問内容は、構造的把握力の問題も含めまんべんなく出題されます。過去には言語(語彙選択・空欄補充・文章の並び替え・内容一致問題)・計数(数的処理・判断推理)・構造的把握力問題などが出ました。

筆記についての詳細は、BCGのWebテストを参考にしてみてください。

 

一次面接

一次面接は以下の流れで進みます。

会場入口で受付を済ませる→会議室の前に案内され待機→名前を呼ばれた後入室→集団面接とGD(20分程度)→ケース筆記(30分程度)→退出して解散。

集団面接では
・自己紹介
・最近気になったニュースの話など
をアイスブレイク的に行います。最低限のコミュニケーション能力があるかどうかを試すという位置付けでしょう。
その後ケース筆記を行います。時間の制約が厳しいので、しっかりと対策を立てる必要があります。

二次面接

二次面接は以下の流れで進みます。

会場入口で受付を済ませる→会議室の前に案内され待機→名前を呼ばれた後入室→面接1回目(30分)→2回目の面接に進めるか否かの通知(進めない場合はそのまま帰宅)
→面接終了後会議室退出 →指示に従い階を移動して一旦待合室にて待つ→名前を呼ばれた後、入室 →面接2回目(30分)→退出してそのまま解散。

面接は基本的に以下の流れで進みます。

1回目:自己紹介+簡単なフェルミ推定。
2回目:①フェルミ推定のみ、②フェルミ推定+ケース面接、③一般的な面接、の中のいづれか。もっとも一般的なのは②。

①や②でもアイスブレイク的に志望動機を聞かれることがあります。
過去に以下の質問がありました。

  • 関心のある業界/志望や内定先
  • コンサルティング業界に興味がある理由
  • コンサルティング業界はもともと興味があったのか
  • 就職活動をどのように進めているのか
  • 10,20年後にどのような人間でいたいか
  • 大学の専攻で何を勉強しているのか
  • 自分の大切にしたい価値観は
  • どんな友達が多い、どういう友達だと一緒にて面白いと思うか。
  • こういうふうになってはいけないと思う人はどういう人か

 
過去に出題されたフェルミ推定・ケース問題は以下のとおりです。

  • 東京博多間を走る新幹線が一日に車内販売で売り上げるコーヒーの売り上げを求めよ
  • 東京大阪間で販売される駅弁の数を求めよ
  • 一年間に建てられる新築物件の戸数を求めよ
  • 雨の日にデパートの客足がどのくらい減るか
  • 40代男性の着うた市場規模
  • 出身県に来る観光客数を求めよ。
  • あなたの最寄りのコンビニを一つ決めて、その一日の売り上げを推定してください
  • 日本にあるセグウェイの数はどれくらいか?
  • 無人島に持って行くなら何を持っていく?
  • 携帯(スマホ)経由でデジタルコンテンツやモノを買う市場規模はどのくらいあるか。通信料や電話料は除く
  • ×曜日n時です。今、日本でテニスをやっている人は何人いるでしょう?
  • 今この瞬間に飛んでいる飛行機の数
  • 高層ビルの総工費

より詳細には、BCGの面接まとめ記事をご覧ください。具体的な対策方法については、個人面接対策記事をご覧ください。また、面接官とのコミュニケーションにおいては、非言語的なスキルや、自分でも気づいていないような癖やマナー違反などを意識する必要があります。頭の中で練習するのではなく、なるべく実践に近い形で練習を重ねることが望ましいです。セミナーをやっている就活支援企業のケース面接無料講座・演習を用いる人が多いので、こちらも推奨しておきます。

インターン

インターン
通常は3日間開催される、選考の山場です。論理的思考力や思考の速さ・深さなど最低限の要件をクリアしたとみなされた上で、会社へのフィット感や対人関係構築力などを見られます。

BCGのインターンでは、他ファームと同様に、与えられたお題に対してグループで解を導くことを目指します。

過去には、
・10年後の食
・リニアモーターカー
・20年後のメディア
といったテーマで、特定の企業に対して戦略立案の提案をする、といったものが問われています。

インターンに参加する学生は10〜20人程度で、4〜5人班に分けられることが多いようです。各班に1人付くメンターの他に、プリンシパルやパートナークラスの社員も時折進捗確認に訪れます。

また、BCGのインターンは時間の制約が厳しいことで知られており、3日間の中で作業に費やせるのは、2日目の午後から3日目の午前中までとなっています。したがって時間管理のスキルも重要となります。

インターンの最後にある最終発表には上の年次の社員も参加するため、気を引き締めて臨みましょう。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!