【21卒対象】ボストン コンサルティング グループ(BCG)の筆記試験・Webテスト対策

このページでは、ボストン コンサルティング グループ(BCG)の筆記試験・Webテスト情報とその対策について紹介します。

 

概要

テストセンターの形式(SPI)です。問題の難易度や時間制限等は一般的なものですが、合格基準点が非常に高く、9割程度の正答率が求められるため、しっかりとした対策が求められます。設問内容は構造的把握力の問題も含め、各分野まんべんなく出題されます。筆記試験・Webテスト問題などが出ました。一般的なテストセンターのWebテストで、網羅的に対策することが求められます。特に、構造的把握力の問題は、近年加わったテストセンター独特の問題で注意が必要です。

BCGのボーダーは全企業の中でもっとも高く、
「BCGのWebテストを通過したものを使い回せばほぼ全ての企業の選考で通る」
と言われています。

テストセンターの得点を知ることはできませんが、実力に応じて難易度が変化していくので、解いている問題の傾向や難易度から推定することはできます。以下に高得点の目安を掲載します。
計数:4タブ問題が出て、推論が続く
言語:長文の中で選択形式でなく記述形式の問題が出る

テストセンターの対策は、豊富にある市販の参考書をやりこむことがもっとも効果的です。
一度全体の問題傾向を把握し、個別に苦手な範囲を潰していきましょう。
また実際のテストに慣れておくためにも、テストセンターを利用している他社の選考で練習しておくことをお勧めします。

ファームごとにどのようなWebテスト・筆記試験が課されるかについては、【保存版】有名コンサル19社のWebテスト・筆記試験対策まとめという記事でまとめてあります。当サイトの記事の中でも、多くの方が閲覧している人気記事となっているので、ぜひともチェックしてみてください。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!