Q.ケース面接の具体的な対策方法を教えて下さい。

Q.ケース面接の具体的な対策方法を教えてください。

A.対策には参考書を読むだけでなく、実践的な練習が必要です。

外資系コンサルティングファームの選考で課せられるケース問題については、他の業界では出題されない特殊な選考過程であるために、慣れと対策が必要です。
対策は以下のように進めていきましょう。

参考書やコラムを読む

実践的な練習を積む

 

参考書やコラムを読む

最近では各社から「ケース面接対策本」がたくさん出版されています。そしてそれらは、ケース面接の基本的な思考方法と、問題をパターンごとに分類して、それぞれどのように解いていくかを知ることができます。
おすすめの対策本は以下の通りです。

『東大生が書いた 問題を解く力を鍛えるケース問題ノート』
知識がまったくない人でも気軽に読み進めることができ、豊富な例題や練習問題への取り組みを通じて、問題に対する感覚を掴むことができる本です。

『過去問で鍛える地頭力 外資系コンサルの面接試験問題 』
コンサルタントが書いた1冊で、よりケース面接を意識して演習を積むことができます。フェルミ推定とケース問題それぞれ10題ずつ掲載されており、レベルアップに最適です。

『地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」』
コンサルタントが書いた1冊で、コンサルタントの思考方法をインプットできます。

以下に紹介するコラムもケース面接対策に役立つのでご覧ください。
【戦略コンサル内定者監修】ケース面接で求められている能力とは
【戦略コンサル内定者監修】ケース面接を突破するための4ステップ
コンサルのケース面接で覚えておくべき9つの事
 

実践的な練習を積む

しかし、これらの本を読むだけでケース面接に合格できるようになるかというと、そうではありません。ケース面接の対策には、ケース面接の模擬練習を他人と行い、本番までに「ケース面接慣れ」しておくことが必要です。この実践的な練習を積む過程こそがケース面接の合否を決めます。
模擬練習を行う方法は以下の通りです。

  • コンサルティングファームを志望する友人と模擬面接を行う
  • 就活サービス各社が開催する対策講座に参加する
  • >姉妹サイトGoodfindの対策講座はこちら

姉妹サイトGoodfindの対策講座は、数多くの就活生を輩出してきた講師陣が担当します。友人との練習では得られない気付きを得ることができるので、大変おすすめです。
 

おすすめ記事

Q. フェルミ推定やケース問題ができるようになる方法は?
外資戦略コンサル内定者が添削、ケース問題添削集

 
Q&A一覧はこちら>【Q&A集】コンサル就活の小さな疑問、お答えします。

 

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!