Q.ケース面接の具体的な対策方法を教えて下さい。

Q.ケース面接の具体的な対策方法を教えて下さい。

A.対策には参考書を読むだけでなく、実践的な練習が必要です。

外資系コンサルティングファームの選考で課せられるケース問題については、他の業界では出題されない特殊な選考過程であるために、慣れと対策が必要です。

ケース面接の対策方法は多様にわたりますが、最も重要なことは、対人練習を繰り返すことです。最近では各社から「ケース面接対策本」がたくさん出版されています。そしてそれらは、ケース面接の基本的な思考方法と、問題をパターンごとに分類して、それぞれどのように解いていくかを記述している、といった形式の本がほとんどです。これらの本を読むことは確かに重要です。ケース面接がどういったものか、ということを知ることが出来るからです。

しかし、これらの本を読むだけでケース面接に合格できるようになるかというと、そうではありません。ケース面接の対策には、ケース面接の模擬練習を他人と行い、本番までに「ケース面接慣れ」しておくことが必要です。そのため、同じようにコンサルティングファームを志望している友人を見つけ、できるなら毎日でもケース面接の模擬面接を行うとよいでしょう。ケース面接を初めて受けた時からほぼ間違いなく合格できてきたという人は大丈夫ですが、そうでない人は友人と練習を繰り返し、確実にケース面接を突破できるようになりましょう。

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!